意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「尊厳」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「尊厳」、という表現を知っているでしょうか。

人間の「尊厳」後という言い方がありますよね。

それならば、「尊厳」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは「尊厳」という表現について紹介します。

尊厳

Meaning-Book
「尊厳」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「尊厳」とは?
  • 「尊厳」の表現の使い方
  • 「尊厳を傷つける」とは?
  • 「尊厳」を使った例文と意味を解釈
  • 「尊厳」の類語や類義語
  • 「尊厳」とは?
  • 「尊厳」の表現の使い方
  • 「尊厳を傷つける」とは?
  • 「尊厳」を使った例文と意味を解釈
  • 「尊厳」の類語や類義語


目次

  • 「尊厳」とは?
  • 「尊厳」の表現の使い方
  • 「尊厳を傷つける」とは?
  • 「尊厳」を使った例文と意味を解釈
  • 「尊厳」の類語や類義語
  • 「尊厳」とは?
  • 「尊厳」の表現の使い方
  • 「尊厳を傷つける」とは?
  • 「尊厳」を使った例文と意味を解釈
  • 「尊厳」の類語や類義語

「尊厳」とは?

「尊厳」という言葉には尊く、厳かで侵してはならない、気高く威厳がある、などという意味があります。

個人の「尊厳」というのは日本国憲法において認められている概念であり、最高の価値基準になります。

基本的人権を考える上で、特に平等権を根拠づけるものが人間の「尊厳」であり、世界的、そして歴史的に正当性を持つ自然権として理解されています。

これは社会生活を営むにあたって重要な概念であり、国際連合憲章や世界人権宣言などにも個人の「尊厳」が認められています。

例えば、生命維持装置に繋がれた状態で真のより、人間らしい、そして自分らしい死に方をしたい、ということにより、世界的に「尊厳」死というものが認められつつあります。

  • 「尊厳」の読み方
  • 「尊厳」の読み方

「尊厳」の読み方

「尊厳」という言葉は「そんげん」と読みます。

憲法や法律を考える上で、そして人権を考える上で非常に貴重な概念といえます。

「尊厳」の表現の使い方

「尊厳」という言葉は個人の「尊厳」、人間の「尊厳」、などという使われ方をします。

例えばパワハラやセクハラ、いじめ等は個人の「尊厳」に対する冒涜だと考えられていますし、人間の「尊厳」を守る事は非常に重要です。

また、例えばお腹を下してトイレに書き込まなければいけない時、「トイレに間に合った、人間の尊厳が守られた」などと表現することもあります。

「尊厳を傷つける」とは?

「尊厳」を傷つける、という表現には人間の権利を犯す、相手を不愉快にさせる、という意味になります。

例えば、先ほども述べた通りパワハラやセクハラは「尊厳」を傷つける行為になりますし、弱い者いじめも許されません。

自然権というものは生まれながらにして認められているものであり、これを犯す事は誰に対しても許されないのです。

たとえそれが冗談であったとしても、差別なども許されません。

差別はまさに「尊厳」を傷つける行為だといえます。

「尊厳」を使った例文と意味を解釈

ここでは「尊厳」という言葉を使った例文を紹介します。

  • 「尊厳」を使った例文1
  • 「尊厳」を使った例文2
  • 「尊厳」を使った例文1
  • 「尊厳」を使った例文2

「尊厳」を使った例文1

「どのような国籍の人であったとしても、尊厳は守られなければいけません」

世界的に移民や難民が問題視されていますが、移民だからといって、そして難民だからといって、彼らが人間としての価値を持っていないというわけではありません。

たとえどのような国籍であったとしても、そしてどのような人種であったとしても、人間の「尊厳」は守られなければいけないのです。

「尊厳」を使った例文2

「個人の尊厳という概念は世界的に認められつつあります」

個人の「尊厳」、そして人間の「尊厳」というものが認められるようになったのはごく最近です。

例えば第二次世界大戦中はドイツがナチスの強制収容所を建設し、ユダヤ人たちを殺害していました。

このことはまだ人権という概念がなく、ユダヤ人たちは残虐な殺され方をしていたのです。

戦争が終わり、世界的に人間の「尊厳」という概念が認められつつあります。

「尊厳」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介します。

  • 「威厳」
  • 「人権」
  • 「自然権」
  • 「威厳」
  • 「人権」
  • 「自然権」

「威厳」

「威厳」というのは堂々としていて厳かな様子、近寄りがたいほど堂々としていること、人を圧するような厳しさのこと、という意味になります。

貫禄、品格、などと言われる場合もあり、威厳に満ちた態度、などと使われます。

「人権」

先ほどから述べている「人権」というものは人種や民族、性別を超えて認められた基本的な権利であり、幸せに生きるためのものです。

その一方で、いまだに差別なども存在し、人権が必ずしも認められているとは言えない実情があります。

「自然権」

「自然権」というのは人間が自然状態の段階から保持している生命や自由、財産、健康に関する権利であり、人権というものは自然権の代表です。

人間の普遍的価値を持つ人間の自由と平等は基本的人権の中心であり、誰もが持つ重要な権利となります。

icon まとめ

人間の「尊厳」は誰もが持ち合わせているものです。

国籍や肌の色等を超え、お互いの権利を認められると良いですね。

「尊厳」とは?

「尊厳」という言葉には尊く、厳かで侵してはならない、気高く威厳がある、などという意味があります。

個人の「尊厳」というのは日本国憲法において認められている概念であり、最高の価値基準になります。

基本的人権を考える上で、特に平等権を根拠づけるものが人間の「尊厳」であり、世界的、そして歴史的に正当性を持つ自然権として理解されています。

これは社会生活を営むにあたって重要な概念であり、国際連合憲章や世界人権宣言などにも個人の「尊厳」が認められています。

例えば、生命維持装置に繋がれた状態で真のより、人間らしい、そして自分らしい死に方をしたい、ということにより、世界的に尊厳死というものが認められつつあります。

  • 「尊厳」の読み方
  • 「尊厳」の読み方

「尊厳」の読み方

「尊厳」という言葉は「そんげん」と読みます。

憲法や法律を考える上で、そして人権を考える上で非常に貴重な概念といえます。

「尊厳」の表現の使い方

「尊厳」という言葉は個人の「尊厳」、人間の「尊厳」、などという使われ方をします。

例えばパワハラやセクハラ、いじめ等は個人の「尊厳」に対する冒涜だと考えられていますし、人間の「尊厳」を守る事は非常に重要です。

また、例えばお腹を下してトイレに書き込まなければいけない時、「トイレに間に合った、人間の尊厳が守られた」などと表現することもあります。

「尊厳を傷つける」とは?

「尊厳」を傷つける、という表現には人間の権利を犯す、相手を不愉快にさせる、という意味になります。

例えば、先ほども述べた通りパワハラやセクハラは「尊厳」を傷つける行為になりますし、弱い者いじめも許されません。

自然権というものは生まれながらにして認められているものであり、これを犯す事は誰に対しても許されないのです。

たとえそれが冗談であったとしても、差別なども許されません。

差別はまさに「尊厳」を傷つける行為だといえます。

「尊厳」を使った例文と意味を解釈

ここでは「尊厳」という言葉を使った例文を紹介します。

  • 「尊厳」を使った例文1
  • 「尊厳」を使った例文2
  • 「尊厳」を使った例文1
  • 「尊厳」を使った例文2

「尊厳」を使った例文1

「どのような国籍の人であったとしても、尊厳は守られなければいけません」

世界的に移民や難民が問題視されていますが、移民だからといって、そして難民だからといって、彼らが人間としての価値を持っていないというわけではありません。

たとえどのような国籍であったとしても、そしてどのような人種であったとしても、人間の「尊厳」は守られなければいけないのです。

「尊厳」を使った例文2

「個人の尊厳という概念は世界的に認められつつあります」

個人の「尊厳」、そして人間の「尊厳」というものが認められるようになったのはごく最近です。

例えば第二次世界大戦中はドイツがナチスの強制収容所を建設し、ユダヤ人たちを殺害していました。

このことはまだ人権という概念がなく、ユダヤ人たちは残虐な殺され方をしていたのです。

戦争が終わり、世界的に人間の「尊厳」という概念が認められつつあります。

「尊厳」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介します。

  • 「威厳」
  • 「人権」
  • 「自然権」
  • 「威厳」
  • 「人権」
  • 「自然権」

「威厳」

「威厳」というのは堂々としていて厳かな様子、近寄りがたいほど堂々としていること、人を圧するような厳しさのこと、という意味になります。

貫禄、品格、などと言われる場合もあり、威厳に満ちた態度、などと使われます。

「人権」

先ほどから述べている「人権」というものは人種や民族、性別を超えて認められた基本的な権利であり、幸せに生きるためのものです。

その一方で、いまだに差別なども存在し、人権が必ずしも認められているとは言えない実情があります。

「自然権」

「自然権」というのは人間が自然状態の段階から保持している生命や自由、財産、健康に関する権利であり、人権というものは自然権の代表です。

人間の普遍的価値を持つ人間の自由と平等は基本的人権の中心であり、誰もが持つ重要な権利となります。

icon まとめ

人間の尊厳は誰もが持ち合わせているものです。

国籍や肌の色等を超え、お互いの権利を認められると良いですね。