意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「親和性が高い」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

親和性が高いという言葉を聞くことは多いです。

親和性が高いというのは少々専門的な感じの文章であり、言葉として話し言葉で使うことはそれほど多くはありません。

しかし、論文や、小説の中でも、ドキュメンタリーなど、しっかりとした文体の発表文として使われることが多い表現となっています。

この親和性が高いという言葉の意味と読み方、そして使い方についてしっかりと知っておき、間違えないようにしておきましょうね。

親和性が高い

Meaning-Book
「親和性が高い」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「親和性が高い」の意味とは?
  • 「親和性が高い」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「親和性が高い」の言葉の使い方
  • 「親和性が高い」を使った例文
  • 「親和性が高い」の対義語
  • 「親和性が高い」を分解して解釈
  • 「親和性」を使った言葉


「親和性が高い」の意味とは?

親和性が高いの意味ですが、ある物質が他の物質と容易に結合するといった性質や傾向などを示します。

つまり、染色色素が特定の生体組織に結合しやすい傾向だったり、さらには、細菌・ウイルスが特定の細胞だったり、臓器で増殖しやすい傾向などを意味します。

さらに、物質同士の相性などを意味することもありますが、その他にも、物事を組み合わせたときの、相性のよさだったり、結びつきやすい性質などを示すことになります。

たとえば、オリンピック中継とSNSは親和性が高いという意味合いになります。

親和性が高いは主に物質や、そのほかの物事などでも使うことが出来ます。

  • 「親和性が高い」の読み方

「親和性が高い」の読み方

親和性が高いの読み方ですが「しんわせいがたかい」と読むことになります。

親和性はそのまま音読みで読むことになりますので、簡単な読み方です。

親和性が高いという読み方は簡単な読み方ではありますが、場合によっては「せいわせいがたかい」とよく間違えられることがあります。

せいわせいという言葉はありませんので、しんわせいという読み方なので、このあたりは間違えないように注意をしましょう。

間違って読んでしまうと、まったく意味が通じなくなってしまうことになります。



「親和性が高い」の類語や言い換え・似た言葉

親和性が高いの類語、言い換え、似た言葉にはどういった言葉があるのでしょうか。

いくつか類語がありますので、頭に入れておくようにしましょう。

また、シチュエーションに合わせて、使い分ける必要があります。

  • 「調和する」
  • 「馴染みやすい」
  • 「融和する」

「調和する」

親和性が高いのは、物事の相性が上手く言っていることを示します。

対物質のこともありますが、物事同士の結びつきなどがうまくいく、結合しやすいということを意味しています。

従って、調和するという言葉に言い換えることが出来ます。

しかし、この調和するという言葉についてですが、どちらかというと、人間関係をメインに使うことが多いですので、親和性が高いという言葉よりも、より普段からコミュニケーションなどの際に使われることが多くなっています。

「馴染みやすい」

親和性の類語として、この「馴染みやすい」があります。

馴染みやすいという言葉はとても分かりやすく、物事もそうですが、人同士のコミュニケーションにもよく使われます。

馴染みやすいクラスだったという感じでも使われますね。

こちらも親和性が高いという言葉と言い換えることも出来ますが、親和性のほうがより専門性が高いですし、さらに物質同士の結びつきを示したい場合には、親和性が高いのほうがふさわしいので、使い分けに気をつけるようにしましょう。

「融和する」

親和性が高いの類語、言い換え方ですが、こちらの「融和する」というのも使いやすくなっています。

融和するは、特定の事柄が、馴染みやすく、融合するという意味がありますので、言い換えるのにはぴったりです。

しかし、親和性が高いというのは、融合せずとも親和性が高い、馴染みやすいということを示していて、こちらの融和するは、すでに融合しているという意味になります。

従って、少々イントネーションが違うので、気をつけるようにしましょう。

使うときには使い分けが必要になります。

言い換えられるときもありますが、間違えないようにしましょう。

「親和性が高い」の言葉の使い方

親和性が高いの言葉の使い方ですが、○○と○○の親和性が高いという風に言葉を使うことが出来ます。

このため、使う際には前にかならず用語や、対象であるものをつけることが大切です。

そして、それとの親和性が高い事を示すことが必要になります。

つまり、〜の親和性が高いと使うことが多いです。

そして、人と人との場合には、親和性が高いという言葉を使うことはめったになく、一般的には馴染みやすいという言葉を使うことが多いです。

しかし、「集団への親和性が高い」という使い方は可能となっています。



「親和性が高い」を使った例文

親和性が高いを使った例文にはどういった例文があるのでしょうか。

具体的に見ていきましょう。

  • 「親和性が高い」の例文1
  • 「親和性が高い」の例文2
  • 「親和性が高い」の例文3

「親和性が高い」の例文1

「水とは親和性が高い」

特定の物質である水とは親和性が高いことを示しています。

「親和性が高い」の例文2

「このキャラクターは、キャラクター設定などから同人文化との親和性が高く、それ関連のオンリーイベントが企画されていた」

キャラクターはこの文化との親和性が高いという使い方なので、とても自然ですし、文化と融合するなどの有様を伝えています。

「親和性が高い」の例文3

「モルタルは、生コンクリートとの親和性が高いことから、トンネルや地下構造物、海洋構造物などの土木工事で多く用いられている」

物質と物質同士の相性が良い、結びつきやすいので、多く用いられるという形で使われています。

親和性が高いことから使われるので、親和性が高くなければ、使えないことを示しています。

物質同士の結びつきがより重要であることを示すことに使われています。

「親和性が高い」の対義語

親和性が高いの対義語ですが、主に「合わない」「合致しない」などが対義語になります。

具体的な対義語というものが決まっているわけではないですが、親和性が高いというのは融合しやすく、そしてあいやすいという意味を示していますので、合致しない、合わないなど、「相性が合わない」「融合しない」という言葉が対義語となっています。

「親和性が高い」を分解して解釈

まず、こちらの「親和性」分解するとこの意味がよく分かります。

まずは分解をしてみることをおすすめします。

  • 「親和性」
  • 「高い」

「親和性」

まず、こちらの「親和性」とは、一言でいえば「なじむ」ということを指します。

融和するなどの融和と同じ意味を持っています。

「高い」

たとえば、種類の違うコンピュータ、種類の違うソフトなどを組み合わせて使うとき、大きな問題がなくうまく動くことになります。

そうなれば、「親和性が高い」といいます。

高いは、これが大きい、うまくいくということを示しています。

高いということは、この性質が大きいことを示しているのです。

分解するとこの意味がよく分かります。

「親和性」を使った言葉

  • 「親和性がない」
  • 「親和性が低い」
  • 「親和性がある」

「親和性がない」

これは親和性が全く無く、結びつきが弱いことを示しています。

「親和性が低い」

これは、親和性が低く、まったく親和性が良くないことを示していて、0ではないですが、融合しないことを示しています。

「親和性がある」

一定の親和性があり、融合することが出来る物質を指します。

親和性が高いとまでは行かないが、「ある」という状態です。

icon まとめ

このように、親和性が高いという意味ですが、融和する、融合しやすい、馴染みやすいなどの意味がありますが、ばらばらにして、親和性がない、親和性が低い、親和性があるという使い方も出来ます。

親和性が高いことはかなり大きく融合しやすいことを示しています。

この使い分け方を知っておくと間違えないので、頭に入れておきましょう。