意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「施策」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

施策という言葉は、よく使われる言葉です。

施策はどのようない意味を持っていて、そしてどのような時に使うのかと気になる方は多いです。

施策とは、主に政策などと同じような意味合いで使われます。

たとえば、役人や政治家がどのような策をほどこすのかという意味合いで使われます。

施される計画、実行するべき計画という意味で使われることになります。

実行すべき諸々の計画だったり、さらには、ある問題について対応し解決を図る実施策などを意味して使われることが多いのですが、その意味を具体的にみていきましょう。

施策

Meaning-Book
「施策」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「施策」の意味とは?
  • 「施策」の類語や言い換え
  • 「施策」の使い方
  • 「施策」を使った例文
  • 「施策」と「政策」の違い


「施策」の意味とは?

施策とは、実行すべきさまざまな計画だったり、とある計画などを実行するための策などを言います。

そして、これはある問題について対応することを示しています。

ある問題やトラブルに対して、それらに対する解決策を図るための実施のために行われる策となるのです。

また、それ以外にも、大まかな政策が打ち出された場合に、それを実行するという意味合いもあります。

案という意味合いもありますが、それを実行したりするという意味もあります。

たとえば、政策で大きく何かを目標として方針を建て、そして施策という形で、それを実行に移すという形になりあます。

施策は、使われるシーンとしては、会話で使うことは殆どありません。

たとえば、政治・制作関連で、主に計画として大きく発表されることが多いです。

  • 様々なシーンで施策は使われる
  • 「施策」の読み方

様々なシーンで施策は使われる

この言葉が使われるのは、政治のシーンだけではありません。

たとえば会社の社内でも施策が発表されることは多いです。

これは必ずしも行なうべき計画であり、やらなければ、問題が解決されないことを示しています。

つまり、計画的に行われるものであり、同時に確実に遂行しなければならないことも意味しています。

この計画である施策を打ち出してから、これが実際に実行されない場合には批判されてしまうこともあるといえるでしょう。

それぐらい、練るに練った計画であるということなのです。

打ち出す前には入念にこれを作り上げる必要があり、もしもこれにデタラメがあれば、信用されなくなってしまいます。

政治の世界では特にそういったことが多いと言えるでしょう。

「施策」の読み方

施策の読み方ですがこれは(しさく)と読みます。

こちらの施策に関しては「せさく」と呼ぶ方もいますが、これは間違いの読み方です。

「せさく」と呼ぶことはありませんので、注意をしましょう。

またせいさくと混同しがちですが、あくまでもしさくとはしさくでまったく別の読み方であり、別の言葉です。

読み方は「しさく」のみとなっていますので、覚えておくようにしましょう。



「施策」の類語や言い換え

施策の類語ですが、こちらは、個人あるいは社会的グループにより、採用されている計画あるいは活動などを指します。

つまり、それと似たような言語が類語となります。

たとえば方策・政策・方針、さらには、たて前・建前・政綱・ポリシーなどがあります。

また、会社だったり、個人グループ社会的なグループ以外でも、政府のとるべき行動を理論化する議論としてこれが打ち出されることになります。

このため、類語や、言い換えた言語として、方策・手段・政などがあります。

施策の類語にはこれだけの言い換え方がありますが、社会グループか、政治家によって、これらの言い換え方が変わってくると言えるでしょう。

使い分けることがとても大切です。

また、政策などは類語となっていますが、まったく別の意味で使われていることが多いです。

「施策」の使い方

今回の施策は効果的だった、施策結果を報告する、国が掲げる認知症の施策、持続的な成長に向けた施策に着手した、などの、社会的なグループ、そして政治においての計画を述べる上で、この施策を使うことになります。

主に、問題を解決するための計画になりますので、大きく発表することになりますので、現実的な解決策を述べて使うことになります。

夢物語のようなことを掲げるのは目標であり、施策ではないので使い分けに気をつけるようにしましょう。

目標と施策、そしてその他計画というものはまた違います。

計画は、ものごとを順序立てて行なうためのものであり、最終的な目標達成という意味合いで使われますが、施策は主にトラブルや問題解決、必要とされている、望まれている事項に関しての解決策として使われることになります。



「施策」を使った例文

  • 「施策」の例文1
  • 「施策」の例文2
  • 「施策」の例文3

「施策」の例文1

今期の施策を考えましたので発表したいと思います。

「施策」の例文2

国は認知症、高齢社会に対する施策を打ち出している。

「施策」の例文3

社内で、施策結果を報告することになったので、緊張する。

「施策」と「政策」の違い

施策と政策は一緒に考えられがちですが、じつはまったく違うものです。

まず、「政策」は大まかな方針という意味合いを持っています。

これに対して、「施策」は策を実際に行うこととなっています。

政策とは政治の具体的な方向性などを示したものであり、大まかな政治の方針という意味合いで使われます。

このため、それぞれの政治家の特徴だったりがこの制作によって分かります。

方針を示すので大まかであり詳細などは示されていないこともあります。

政策なので、大まかであり、その後大きく変わっていくこともあります。

そして、政策を変更することもあります。

政策通に行かないこともあります。

  • 政策は政治のみ
  • 区別されてないことも多い

政策は政治のみ

そして、政策という言葉については主に政治に関してのみ使われます。

社内や、社会的なグループだったり、日常的にはこちらの政策は使われません。

あくまでも国の政治にまつわる策についてこちらの政策が使われることになるのです。

一方で施策は異なります。

施策は、社会的なグループ、社内でも使われることになり、個人的な活動でも使われることになります。

そして、政策を実行する場合にも使われることになります。

区別されてないことも多い

施策には作戦そのもの、計画そのもの、アイデアそのものも含まれているのですが、じつは実行すること」という意味合いも含まれているので、それを知っておく必要があります。

つまり、大まかに政策で打ち出しておいて、そして後ほどそれを実行する時に、こちらの施策を使うことになります。

たとえば、少子高齢化に歯止めをかけるという政策があったとしましょう。

この制作に対して、施策では「保育所を多く設置する」「子供を生みやすい環境づくりをする」などが施策に当たることになります。

しかし、ここまで区別して使われているかどうかというと消してそういったこともないのが現状です。

icon まとめ

このように、施策というのは、政策が大雑把なのに対し、施策は細かな計画を実行したり、また詳細の策について指すことが多いです。

また政策は政治に関する作戦であるのに対し、施策は社会グループや、個人的なグループでも使われることが多く会社でも使用される言葉です。

施策の言い換えについては、さまざまな言葉があります。

たとえば、方策、手段、方針、ポリシーなどです。

さまざまな言い換え方があり、方策や手段とは意味が似ていますが、施策は問題を解決するために作戦として使われます。

手段や方針よりも、政治的に使われることが多く、ややかしこまった言葉とも言えるでしょう。

施策という言葉を用いるときにはこれらを知っておくようにしましょう。