意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「至言」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「至言」の意味や読み方を紹介します。

さらに「至言」の類語や使い方、「至言」を使った例文を紹介します。

至言

Meaning-Book
「至言」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「至言」の意味とは?
  • 「至言」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「至言」の言葉の使い方
  • 「至言」を使った例文
  • 「けだし至言」
  • 「至言」「名言」「金言」の違い


「至言」の意味とは?

「至言」という言葉を目にした事はあるでしょうか。

本を読むのが好きな人なら、「至言」の言葉の意味をすでに知っているかもしれません。

しかし、それほど文章を読む機会がない人にとっては、「至言」を目にする機会は少ないかもしれません。

そんな「至言」の読み方や意味を紹介します。

  • 「至言」の読み方
  • 「至言」の意味

「至言」の読み方

「至言」「しげん」と読みます。

良く間違える読み方に「しごん」があります。

「しごん」ではなく「しげん」ですので、これを機会に読み方をきちんと覚えておきましょう。

「至言」の意味

「至言」には、筋がきちんと通っている素晴らしい言葉という意味や、道理にかなった立派な言葉と言う意味があります。

さらに「至言」「至」が意味するように、「きわめて」という意味が乗ります。

「きわめて素晴らしい言葉」「きわめて道理にかなった言葉」という意味があります。

「至言」「至」「至る」という言葉が使われていて、「至高」などにも用いられます。

「至」には、行くところまで行った、高みに行き切ったという意味があります。

この事から、「至言」には、「きわめて素晴らしい言葉」という意味が出てきます。

「彼が語った言葉は、まさに『至言』である」などと使います。



「至言」の類語や言い換え・似た言葉

続いて「至言」の類語や、言い換えが効くような似た意味の言葉を紹介します。

「至言」と同じように、きわめて素晴らしい言葉という意味を持った言葉が登場します。

  • 「名言」
  • 「名句」
  • 「金言」

「名言」

「至言」と似ている言葉のひとつが、「名言」です。

「名言」「めいげん」と読みます。

「名言集」などが発売されるなど、一般的に知られているフレーズだと思います。

「名言」は、人の心を打つような素晴らしい文句、言葉を意味します。

「けだし」という言葉とセットになり、「けだし名言だ」という風に使われる事も多いです。

人気の高い女優さんが話した素敵な文句、偉人が発した人生に役立つ言葉などは、「名言」と呼ばれやすいです。

また人生で辛い事が起きた時のために、「名言集」を本棚に用意しておき、励ましの言葉をもらいたいと思っている人も少なくないでしょう。

「名句」

「名句」という言葉も、「至言」に近い意味を持つ言葉です。

「名句」には優れた文句、気の利いた言葉という意味があります。

ほとんど「名言」と同じ意味になります。

「名句」を言う人の様子を「名句を吐く」などと言います。

「名言」「名句」は、素晴らしい言葉という意味に加えて、「人気がある言葉」という側面があります。

一方で「至言」は、「時代を超えて理解される、本質を捉えた言葉」という側面があります。

そのため「名言」「名句」の方が、柔らかい印象で、「至言」の方がやや硬い印象があるかもしれません。

「金言」

「金言」という言葉も、「至言」の兄弟のような言葉かもしれません。

「金言集」という本が売り出されるなど、現在でも普通に使われる言葉です。

「金言」は、素晴らしい言葉という意味に加えて、「生活に役立つ」という側面が強いです。

すぐに自分の生活に応用できるような、お役立ち情報が盛り込まれているというイメージが強いです。

そのため「金言」は意味が分かりにくい言葉が少なく、「おばあさんがアドバイスをくれている」というくらい、受け入れやすい言葉が多いという特徴があります。

「至言」の言葉の使い方

「至言」という言葉を使う時は、誰かの言葉に感動した時、または誰かの言葉を褒めたいと思う時に使います。

また「至言」という言葉を使う時は、若い人、立場が下の人が、目上の人の言葉に対して使う事が多いです。

例えば上司が言った、素晴らしい一言に感動した場合は、「至言だ」と言いたくなるでしょう。

また取引先の人が名言らしき言葉を言った時に、ヨイショの意味もあって、「けだし至言ですね」などと言ったりします。

自分よりも立場が下の人や、若い人が名言や至言を言ったとしても、「いい言葉だね」というくらいで、「至言だ」とは言いません。



「至言」を使った例文

「至言」を使った例文を見て行きましょう。

いくつかの例文を見る事で、「至言」という言葉の使い方がより見えてくるかもしれません。

  • 「至言」の例文1
  • 「至言」の例文2

「至言」の例文1

まず誰かが素晴らしい言葉を言った時に、素直に感動して口に出る「至言」です。

「A課長が会議で私たちに語った言葉は、まさしく『至言』だった。私は課長の言葉を胸に抱いて、これからの会社人生を歩んでいく」「おじいさんが死ぬ前に『至言』を聞かせてくれた。私の宝物になっている」「最近読んだ本の中に、『至言』といえるようなセリフが出てきた。誰かに伝えたくて仕方がない」という感じです。

「至言」を聞いた時、一生の宝物にしようとか、誰かに伝えたいと思うのではないでしょうか。

そのような思いを抱かせる言葉に出会ったら「至言」を使った文章にしてみましょう。

「至言」の例文2

取引先の誰かや、上司が良いセリフを言った時に、「さすがですね」というヨイショを入れるような時に、「至言」という言葉を使うケースもあります。

そのような様子を「至言」を使った文章にしてみましょう。

「『若い女性は、いるだけで男性を幸せにする』ですか、さすが○○専務、「至言」ですな」「△△部長の『会社勤めは山登りよりも厳しい。なぜならスーツを着ているからだ』という言葉は『至言』です。これから私の部下にも教えたいと思います」という感じです。

少し邪道な「至言」の使い方ですが、使う相手によっては良い印象を与える事ができそうです。

「けだし至言」

「至言」という言葉を使う時、「けだし至言」という言い回しをする事が多いです。

「けだし至言」は、どのような意味があるのでしょうか。

「けだし」「蓋し」という漢字が使われています。

「蓋し」には「たしかに、そう思う」という意味があります。

「まさしく」とか「たしかに」など、確信を持って思う気持ちが込められています。

そのため「けだし至言」という時は、「間違いなく至言だ」「確かに至言だ」「まさしく至言だ」という意味になります。

「至言」「名言」「金言」の違い

混同しがちな「至言」「名言」「金言」の違いをおさらいしておきましょう。

まず、どれも素晴らしい言葉であるという共通点があります。

さらに「至言」には、時代を超えても通用するような説得力があるという側面があります。

「名言」には「人気があるセリフ」という側面があります。

人気者が言った言葉も「名言」になりやすいです。

そして「金言」「役に立つ」という側面があります。

「田舎のおばあちゃんの知恵袋」的な意味合いで使われる事もあるほどです。

このように「至言」「名言」「金言」には、それぞれ意味合いに違いがあります。

素晴らしい言葉を聞いた時に、「至言」かはたまた「名言」「金言」かの判断ができるようにしましょう。

icon まとめ

「至言」の意味や使い方、類語などについて見てきました。

「至言」は感動するような言葉を聞いた時に、思わず発してしまう言葉です。

また「名言」「名句」「金言」などの兄弟のような言葉があるのも楽しいです。

「至言」の意味を覚えたら、実際に「これ以上ないくらい素晴らしい言葉」を探してみましょう。

本や映画、身近な人の言葉の中に「至言」がみつかるかもしれません。