意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「充足感」の意味とは?読み方、類語や使い方、例文を紹介!

「充足感」の意味や似た言葉を紹介します。

さらに「充足感」の使い方や例文を紹介します。

充足感

Meaning-Book
「充足感」の意味とは?読み方、類語や使い方、例文を紹介!>


目次

  • 「充足感」の意味とは?
  • 「充足感」の似た言葉
  • 「充足感」の使い方
  • 「充足感」を使った例文
  • 「充足感」の対義語


「充足感」の意味とは?

「充足感」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「充足感」「じゅうそくかん」と読みます。

比較的読みやすく、間違いにくい言葉ではないでしょうか。

「充足感」「充足」は、それだけでも使用する言葉です。

「充足」「十分に足りる」、つまり「十分に満ち足りている」という事を意味します。

量的に満ち足りている事に満足している様子を表現する事もできますし、気分的に満ち足りている事も表現できます。

「充足感」は十分に満ち足りていると感じるという意味で、欠如している感じがない様子を意味します。



「充足感」の似た言葉

続いて「充足感」に似た意味の言葉をチェックしていきましょう。

ほとんど同じように見える似た言葉と、「充足感」の違いを見て行きましょう。

より「充足感」の意味が通じやすくなるかもしれません。

  • 「満足感」
  • 「充実感」
  • 「満タン」
  • 「飽満感」

「満足感」

「満足感」「充足感」と似た言葉です。

「満足感」「満足」は、日常的に良く使う言葉ですので、ほとんどの人が口にした事があるでしょう。

「満足」は、「望みが叶い、満ち足りた気持ちになる事」を言います。

他の言葉よりも「望みが叶った」という気持ちが強い点が、「満足感」の特徴かもしれません。

例えば、「望み通り大盛りのカツカレーを食べる事ができて、「満足だ」とか、「志望校に合格する事ができて「満足」だ」などという文章に使います。

このように「満足感」は、何かの望みが叶い、満ち足りた気分が続いている様子を意味します。

今この瞬間に「満足感」が強い人は、幸せな事が起こって間もない人かもしれません。

「充実感」

「充実感」「充足感」と似た意味を持つ言葉です。

「充実」も単独で使う事が多い言葉で、誰でも一度くらいは口にした事があるでしょう。

「充実」とは「十分に備わっている」という意味で、「満ち足りた気持ちになる」事を意味します。

実際に「充実している」と感じる時は、必要な物を手にしている、やりたい事ができていると感じる時ではないでしょうか。

例えば休日をダラダラと過ごすのではなく、趣味やスポーツに夢中になりながら過ごす事ができたなら「充実している」と感じるでしょう。

またやりたい仕事を手に入れた人は、毎日が「充実感」でいっぱいなのではないでしょうか。

やりたい事がみつからない人や、やりたい事があるのにできていない人は、なかなか「充実感」を味わう事ができないかもしれません。

「満タン」

「充足感」の仲間のような言葉のひとつに、「満タン」があります。

「満タン」という言葉も「充足感」と、とても似た雰囲気があります。

実は「満タン」「タン」は、「タンク」の事です。

自動車のガソリンが「満タン」と言う時は、自動車のガソリンタンクが満たされたという意味になります。

日常的に使われている熟語が、「タンク」という英語でできているのが面白いです。

また意外と知らない「満タン」「タンク」の意味を知ると、誰かに教えたくなるかもしれません。

ちょっとしたウンチクとして、「満タン」「タンク」の事を覚えておきましょう。

「飽満感」

お腹がいっぱいになった時に、「飽満感」という言葉を使う事があります。

「飽満感」は、「飽満」を感じる時に使う言葉です。

「飽満」の意味は「十分に食事をして飽きた事、満ち足りた様子」を意味します。

例えば旅行に出かけると、ご当地グルメを食べたり、地元でしか食べられない魚介類を堪能すると思います。

十分に食事をしてお腹いっぱいな時、もう食べられないと思う時の様子を「飽満感」といいます。

旅先や食べ放題の飲食店などで感じる事がある感情を、「飽満感」という言葉で言い表す事ができます。

グルメな人や食事をするのが幸せな人は「飽満感」という言葉を覚えておきましょう。

「充足感」の使い方

「充足感」という言葉を使う時は、「量が足りている」という時、あるいは「感情的に満ち足りている」という時に使いましょう。

例えば、日曜日にたっぷり眠って体調がいい時は、睡眠に対して「充足感」があるかもしれません。

また恋人ができてラブラブな毎日を送っている人は、受け取る愛に関しての「充足感」があるでしょう。

「充足感」を味わう事ができる人は、幸せな状況に置かれている人かもしれません。

ぜひ積極的に「充足感」という言葉を使って、自分が置かれている幸せな状況を言葉にしてみましょう。



「充足感」を使った例文

「充足感」を文章に組み込み、例文を作ってみましょう。

「充足感」という言葉の意味を理解しても、文章を作れなければ意味がありません。

例文を見て「充足感」を使った文章を作るコツを覚えましょう。

  • 日常生活の「充足感」を使った例文
  • ビジネスシーンの「充足感」を使った例文

日常生活の「充足感」を使った例文

日常生活を送っていると、時に「充足感」を味わうことがあります。

このような時に、「充足感」を使った文章を作ってみましょう。

例えば「健康的な生活に足りなかった、適度な運動を生活に取り入れて「充足感」を味わっている」とか、「冷蔵庫の中に野菜をたくさん買い入れたので、冷蔵庫の中を見る度に『充足感』がある」などという文章にする事ができます。

「量が足りている」「満ち足りている」という時に「充足感」という言葉を使ってみましょう。

ビジネスシーンの「充足感」を使った例文

ビジネスシーンでも「充足感」を得る機会は多いはずです。

例えば「今月のスケジュールが、仕事で埋まった。忙しいけれど『充足感』がある」とか、「希望の給料をもらえる職場に転職する事が決まり、『充足感』がある」などという文章を作る事ができます。

また「規則正しい生活をしてから、仕事中に『充足感』を持ちやすくなった」とか、「ライバルと一緒にプレゼンに臨む事にやりがいを感じ、『充足感』で満ちている」などという感じです。

仕事が忙しい時は、体は大変ですが、「充足感」を持ちやすい時期です。

自分の気持ちを「充足感」という言葉を使って、周囲の人に伝えてみましょう。

「充足感」の対義語

最後に「充足感」の対義語になる言葉をチェックしてみましょう。

どのような言葉が対義語になるかを知ると、「充足感」の意味が分かりやすくなるかもしれません。

  • 「不足感」
  • 「欠乏感」

「不足感」

何かが足りない事、定まった量に届かない事を「不足」と言います。

「不足感」は、何かが足りないと感じている様子や、必要な量まで届いていないと感じている様子を意味します。

老後の貯金が足りないと感じている人は「不足感」を感じるかもしれません。

また、腹八分目の食事に慣れていない人は、「不足感」を感じるかもしれません。

「欠乏感」

「欠乏感」「充足感」と180度違う意味を持つ言葉です。

「欠乏」は少なくて足りない事を意味します。

「欠乏」「不足」よりも、より深刻な雰囲気があります。

または、ある特別な物だけが足りない様子を意味する事もあります。

例えば「山の上に行くと、空気が薄くて『欠乏感』がある」という時は、酸素が不足しているという意味があります。

さらに「欠乏感」には、総量が減るような雰囲気もあります。

「欠乏感」が続くと、人生の幸せの総量が減ってしまうような気になるかもしれません。

icon まとめ

「充足感」とは、量が足りていると感じる様子や、心が満ち足りている様子を表す言葉です。

自分の気持ちがハッピーな時、あるいは「充足感」という言葉がぴったりな時かもしれません。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。