意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「進取果敢」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「進取果敢」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「進取果敢」という言葉を使った例文や、「進取果敢」の類語を紹介して行きます。

進取果敢

Meaning-Book
「進取果敢」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「進取果敢」とは?意味
  • 「進取果敢」の表現の使い方
  • 「進取果敢」を使った例文や短文など
  • 「進取果敢」の類語や類義語・言い換え


「進取果敢」とは?意味

「進取果敢」には、「自ら進んで積極的にことをなし、決断力が強く大胆に突き進む様子」という意味があります。

  • 「進取果敢」の読み方

「進取果敢」の読み方

「進取果敢」の読み方は、「しんしゅかかん」になります。



「進取果敢」の表現の使い方

「進取果敢」の表現の使い方を紹介します。

「進取果敢」は、「自ら進んで積極的にことをなし、決断力が強く大胆に突き進む様子」を意味します。

そこで、そのような様子の人を見た時などに、「進取果断」という言葉を使ってみましょう。

例えば、一流の経営者などは、自ら進んで仕事を進められ、さらに決断力が強く、大胆に事業を突き進められるのではないでしょうか。

このような人を見た時、「あの経営者は、進取果断だ」などと、「進取果断」という言葉を使ってみましょう。

「進取果敢」を使った例文や短文など

「進取果敢」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「進取果敢」を使った例文1
  • 「進取果敢」を使った例文2

「進取果敢」を使った例文1

「A課長は『進取果断』な人だ」

この例文は、A課長という人は、自ら進んで仕事を積極的にするだけでなく、決断力があり、大胆に企画などを突き進められる人だという文章になります。

このように「進取果敢」には、「自ら進んで積極的にことをなし、決断力が強く大胆に突き進む様子」という意味があります。

部下を率いる管理職の人は、「進取果断」な要素を持っていることが大切かもしれません。

「進取果敢」を使った例文2

「『進取果断』という言葉を胸に刻んで仕事を進める」

この例文は、自ら進んで仕事をしたり、強い決断力を持てるように、「進取果断」という言葉を意識しながら、仕事をしようと誓っている文章になります。

このように「進取果断」は、座右の銘にできる言葉かもしれません。



「進取果敢」の類語や類義語・言い換え

「進取果敢」の類語や類似を紹介します。

  • 「勇猛果敢」【ゆうもうかかん】
  • 「剛毅果断」【ごうきかだん】

「勇猛果敢」【ゆうもうかかん】

「勇猛果敢」「勇ましくて力強く、決断力のある様子」を意味します。

「勇猛果敢な傑物」という文章は、「勇ましくて力強く、決断力がある、優れた人物」という意味になります。

「勇猛果敢に攻めるチーム」などという使い方をします。

「剛毅果断」【ごうきかだん】

「剛毅果断」には、「意志がしっかりとしていて、思い切って何かをすること」という意味があります。

「剛毅果断な性格」という文章は、「意志がしっかりしていて、思い切って何でもできる性格」を意味します。

icon まとめ

「進取果敢」という言葉について見てきました。

誰かが自ら進んで積極的にことをなし、決断力が強く大胆に突き進む様子を見た時、「進取果敢」という言葉を使ってみましょう。