意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「判断がつかない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「判断がつかない」という表現は「二人の言い分のどちらが正しいのか判断がつきません」などの文章で使われますが、「判断がつかない」にはどのような意味があるのでしょうか?

「判断がつかない」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

判断がつかない

Meaning-Book
「判断がつかない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「判断がつかない」の意味
  • 「判断がつかない」の表現の使い方
  • 「判断がつかない」を使った例文と意味を解釈
  • 「判断がつかない」の類語や類義語


「判断がつかない」の意味

「判断がつかない」の意味

「判断がつかない」という表現は、「ある物事の真偽(善悪)や問題の是非を区別して、自分の考えを決めることができない」ということを意味しています。

「判断がつかない」というのは、「ある物事(問題)の是非善悪や真偽を、自分の理性・経験では見分けることができない」を意味している表現なのです。

  • 「判断がつかない」の読み方

「判断がつかない」の読み方

「判断がつかない」の読み方は、「はんだんがつかない」になります。



「判断がつかない」の表現の使い方

「判断がつかない」の表現の使い方

「判断がつかない」の表現の使い方を紹介します。

「判断がつかない」の表現の使い方は、「ある物事(問題)の是非善悪や真偽を、見極めることができない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「どのくらいの期間でこの怪我が治るのか、素人には判断がつきません」といった文章で使うことができます。

「判断がつかない」を使った例文と意味を解釈

「判断がつかない」を使った例文と意味を解釈

「判断がつかない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「判断がつかない」を使った例文1
  • 「判断がつかない」を使った例文2

「判断がつかない」を使った例文1

「古い建物から見つかったこの古文書がいつの時代に作成されたものなのか、日本史の専門家でも判断がつかないようでした」

この「判断がつかない」を使った例文は、「日本史の専門家でも、いつの時代に作成されたのか見分けられないようでした」という意味を持つ文章で、「判断がつかない」という表現を使っています。

「判断がつかない」を使った例文2

「客観的な証拠がなかったため、どちらの言い分が正しいのか私には判断がつきませんでした」

この「判断がつかない」を使った例文は、「判断がつかない」の表現を、「どちらの言い分が正しいのか、私には区別して考えを決めることができなかった」という意味合いで使用しています。



「判断がつかない」の類語や類義語

「判断がつかない」の類語や類義語

「判断がつかない」の類語や類義語を紹介します。

  • 「見分けがつかない」【みわけがつかない】
  • 「意思決定ができない」【いしけっていができない】

「見分けがつかない」【みわけがつかない】

「判断がつかない」の表現は、「物事の是非善悪や真偽を見分けることができない」ということを意味しています。

この意味合いから、「見分けがつかない」の表現を、「判断がつかない」とほぼ同じような意味を持つ類語として解釈できます。

「意思決定ができない」【いしけっていができない】

「判断がつかない」の言葉は、「問題の是非や善悪を区別して、自分の意思(考え)を決めること」を意味しています。

「意思決定ができない」の言葉には、「ある物事に対する是非や賛否などについて、自分の考えを決められないこと」の意味合いがあります。

その意味から、「判断がつかない」と類似の意味を持つ類義語として、「意思決定ができない」という表現を指摘できるのです。

icon まとめ

この記事で紹介した「判断がつかない」の表現には、「物事の是非(真偽)や善悪の区別がつかず、考えを決められないこと」などの意味があります。

「判断がつかない」の類語・類義語として、「見分けがつかない」「意思決定ができない」などがあります。

「判断がつかない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。