意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「道中」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「道中」という表現は「ここに向かう道中で、まったく予想もしていなかった出来事が起こりました」などの文章で使われますが、「道中」にはどのような意味があるのでしょうか?

「道中」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、分かりやすく解説していきます。

道中

Meaning-Book
「道中」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「道中」の意味
  • 「道中」の表現の使い方
  • 「道中」を使った例文と意味を解釈
  • 「道中」の類語や類義語


「道中」の意味

「道中」という表現は、「自宅から離れて、他の地域・場所・国にまで旅をしている途中」「旅行(旅)をしている間の期間」のことを意味しています。

「道中」という言葉には、「手ぬぐいのかぶり方の一つの名称」の意味合いもあります。

「道中」「みちなか」と読む場合は、「目的地へと向かう道の中途」「道路の真ん中」という意味になります。

  • 「道中」の読み方

「道中」の読み方

「道中」の読み方は、「どうちゅう」または「みちなか」になります。



「道中」の表現の使い方

「道中」の表現の使い方を紹介します。

「道中」の表現の使い方は、「現住所から離れて、他の地域・場所・国まで旅をしている途中」「実際に旅をしている間の時期」を指示して使うという使い方になります。

例えば、「イギリス旅行の道中で、ケンブリッジ大学に留学していた頃の友人と再会することができました」といった文章で、「道中」という表現を使用することができます。

「道中」を使った例文と意味を解釈

「道中」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「道中」を使った例文1
  • 「道中」を使った例文2

「道中」を使った例文1

「この山から街へと向かう寂しい道には、強盗や野犬が出るともいいますから、道中は十分にお気を付けください」

この「道中」を使った例文は、「道中」という表現を、「街に向かう旅の途中は十分にお気を付けください」という意味合いで使っています。

「道中」を使った例文2

「大勢の旧友たちと一緒に、大分県の別府に温泉旅行に行きましたが、道中は賑やかでとても楽しい時間になりました」

この「道中」を使った例文は、「温泉旅行の間の期間は、賑やかでとても楽しい時間になった」という意味を持つ文脈で、「道中」という表現を使用しています。



「道中」の類語や類義語

「道中」の類語や類義語を紹介します。

  • 「途中」【とちゅう】
  • 「旅行」【りょこう】

「途中」【とちゅう】

「途中」という表現は、「まだ目的地へと到着していない間」「物事がまだ終わっていない間」ということを意味しています。

「途中」には、「旅などで出発してから目的地に到着するまでの間の時間」という意味合いがあります。

それらの意味から、「旅をしている間・途中」を意味する「道中」の類語(シソーラス)として、「途中」という表現を指摘できます。

「旅行」【りょこう】

「旅行」という言葉は、「自分の家を離れて、観光・娯楽などを目的にして、他の地域・国・場所にまで行って過ごすこと」を意味しています。

その意味合いから、「旅行」という表現を、「旅行している間・旅行の途中」を示す「道中」とよく似た意味を持つ類義語として解釈することができます。

icon まとめ

この記事で紹介した「道中」の表現には、「自宅から離れて、他の地域・場所にまで旅をしている途中」などの意味があります。

「道中」の類語・類義語として、「途中」「旅行」などがあります。

「道中」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。