意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「満面の笑みを浮かべる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話や小説などで「満面の笑みを浮かべる」と言う言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

満面の笑みを浮かべる

Meaning-Book
「満面の笑みを浮かべる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「満面の笑みを浮かべる」の意味
  • 「満面の笑みを浮かべる」の表現の使い方
  • 「満面の笑みを浮かべる」を使った例文と意味を解釈
  • 「満面の笑みを浮かべる」の類語や類義語


「満面の笑みを浮かべる」の意味

「満面の笑みを浮かべる」の意味は「心の底から満ち足りて、顔全体でにっこりと笑うこと」です。

「笑う」という動作には様々な種類があり、声を立てて笑ったり、にやりと笑ったり、口元だけで笑う表情などがあります。

その中でも「満面の笑み」は、顔全体で喜びを表している時の表現です。

遠目にもはっきりと笑顔であることが分る様に、目元と口元がゆるみ、喜びに溢れている表情のことを言います。

  • 「満面の笑みを浮かべる」の読み方
  • 「満面の笑みを浮かべる」を分解して解釈

「満面の笑みを浮かべる」の読み方

「満面の笑みを浮かべる」の読み方は、「まんめんのえみをうかべる」になります。

特に難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「満面の笑みを浮かべる」を分解して解釈

「満面の笑みを浮かべる」「満面+の(助詞)+笑み+を(助詞)+浮かべる」で成り立っています。

「満面」とは「顔中」「顔いっぱい」という意味です。

「笑み」「声を立てずににっこりとすること」という意味です。

「浮かべる」「水中や空中に底から離れて上がること」という意味の他に、「表面に出す」「思い起こす」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「顔中に声を立てずににっこりとする表情を出すこと」という意味で使われています。



「満面の笑みを浮かべる」の表現の使い方

「満面の笑みを浮かべる」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 良い意味で使われる

文法的な使い方

「満面の笑みを浮かべる」は動詞を伴った表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「満面の笑みを浮かべて」になります。

良い意味で使われる

「満面の笑みを浮かべる」は、良いことが起きた時に使われます。

相手に対して皮肉めいた意味や、自虐的な意味では使われません。

「満面の笑みを浮かべる」を使った例文と意味を解釈

「満面の笑みを浮かべる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「満面の笑みを浮かべる」を使った例文1
  • 「満面の笑みを浮かべる」を使った例文2

「満面の笑みを浮かべる」を使った例文1

「契約が成立したことを聞いて上司が満面の笑みを浮かべた」

取引先と契約が成立したという報告を聞き、上司が満足してにっこりとしたことを表しています。

「満面の笑みを浮かべる」を使った例文2

「彼女は欲しいものが買えて満面の笑みを浮かべた」

以前から欲しかったものが買えて、満足してほほえんだことを表しています。



「満面の笑みを浮かべる」の類語や類義語

「満面の笑みを浮かべる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「破顔一笑」【はがんいっしょう】
  • 「笑みがこぼれる」【えみがこぼれる】

「破顔一笑」【はがんいっしょう】

「よいことや嬉しいことがあり、顔全体をほころばせてにっこりと笑うこと」という意味で、「破顔」は顔をほころばせること、「一笑」は軽くにっこりと笑うことです。

「笑みがこぼれる」【えみがこぼれる】

「嬉しい時や楽しい時ににっこりと笑い、その雰囲気が周囲に伝わること」という意味です。

icon まとめ

「満面の笑みを浮かべる」「心の底から満ち足りて、顔全体でにっこりと笑うこと」という意味です。

ものごとが思い通りに行って満足した時に使いましょう。