意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「馬鹿」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「馬鹿」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「馬鹿」という言葉を使った例文や、「馬鹿」の類語を紹介して行きます。

馬鹿

Meaning-Book
「馬鹿」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「馬鹿」とは?意味
  • 「馬鹿」の表現の使い方
  • 「馬鹿」を使った例文や短文など
  • 「馬鹿」の類語や類義語・言い換え


「馬鹿」とは?意味

「馬鹿」には、「知能が劣り愚かなこと」という意味があります。

また「馬鹿」「社会的な常識にひどくかけていること」を意味します。

  • 「馬鹿」の読み方

「馬鹿」の読み方

「馬鹿」の読み方は、「ばか」になります。



「馬鹿」の表現の使い方

「馬鹿」の表現の使い方を紹介します。

「馬鹿」は、「知能が劣っていること」「阿呆」を意味します。

みなさんも、周囲にいる、知能が劣っていて、愚かな人だと感じる人に対して、こっそり「馬鹿」と言うことがあるかもしれません。

また本当に知能が劣り、愚かと思っていなくても、デリカシーがない人を「馬鹿」という言葉で罵れます。

また「馬鹿」「社会常識にひどくかけていること」を意味します。

例えば、社会常識からかけ離れるほど、子供を愛する親は「親馬鹿」「馬鹿」という言葉を使って称されます。

「馬鹿」を使った例文や短文など

「馬鹿」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「馬鹿」を使った例文1
  • 「馬鹿」を使った例文2

「馬鹿」を使った例文1

「『馬鹿』だと思っていたが、こんなミスをするとは思わなかった」

この例文は、初めから知能が劣り愚かな人だと思っていたが、これほどの、ミスをするとは予想できなかったという文章になります。

このように「馬鹿」には、「知能が劣り愚かなこと」という意味があります。

「馬鹿」を使った例文2

「彼は役者『馬鹿』のため、役になりきってしまう」

この例文は、社会的な常識からひどくかけ離れている役者中心の考えの人は、すぐに役になりきってしまうと言う文章になります。

このように「馬鹿」「社会的な常識にひどくかけていること」を意味します。

「ゴルフ馬鹿」「ゲーム馬鹿」など、常識を超えるほど趣味に夢中になる人も「馬鹿」と呼ばれます。



「馬鹿」の類語や類義語・言い換え

「馬鹿」の類語や類似を紹介します。

  • 「阿呆」【あほう】
  • 「常識はずれ」【じょうしきはずれ】

「阿呆」【あほう】

「馬鹿」と同じ意味を持つ言葉に「阿呆」があります。

「阿呆」は主に関西で使われる方言のような言葉になります。

「お前みたいな阿呆は見たことない」などと言う使い方をします。

「常識はずれ」【じょうしきはずれ】

「常識はずれ」には「考えや行動など、世間一般の常識から離れていること」「非常識」を意味します。

「常識はずれな人」「常識はずれな振る舞い」などという使い方をします。

icon まとめ

「馬鹿」という言葉について見てきました。

知能が劣り愚かな人だと感じたり、社会常識にひどくかけている人だと思った時、「馬鹿」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。