意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「土台」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「土台」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「土台」という言葉を使った例文や、「土台」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「土台」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「土台」とは?意味
  • 「土台」の表現の使い方
  • 「土台」を使った例文や短文など
  • 「土台」の類語や類義語・言い換え


「土台」とは?意味

「土台」には、「建築物の最下部にあり、上の重みを支えるもの」という意味があります。

また「土台」「物事の基本や基礎」を意味します。

  • 「土台」の読み方

「土台」の読み方

「土台」の読み方は、「どだい」になります。



「土台」の表現の使い方

「土台」の表現の使い方を紹介します。

「土台」は、「建築物の最下部で上の重みを支えるもの」「物事の根本や基礎」を意味します。

例えば、アパートな家が新しく建てられている様子を見ると、コンクリートでできた、家の最下部の姿を見られるかもしれません。

この部分に対して、「アパートの土台ができた」などと、「土台」という言葉を使えます。

また「土台」「物事の基本や基礎」を意味します。

例えば、芝居が上達するためには、芝居の基礎を学ぶ必要があるかもしれません。

このような基礎は「芝居の土台になる技術」などと「土台」という言葉を使って表現できます。

「土台」を使った例文や短文など

「土台」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「土台」を使った例文1
  • 「土台」を使った例文2

「土台」を使った例文1

「『土台』がしっかりしていたら、高いビルを建てても大丈夫」

この例文は、上の重みを支える部分さえしっかりできてしまえば、高いビルを建てても大丈夫だという文章になります。

このように「土台」は、「建築物の最下部にあり、上の重みを支えるもの」を意味します。

逆に「土台」がおかしな場合は、低い建物でも、崩れてしまうでしょう。

「土台」を使った例文2

「『土台』を築くため、足腰を鍛えるトレーニングをする」

この例文は、運動するための基礎を作るため、足腰を鍛えるトレーニングを始めるという文章になります。

このように「土台」「物事の基本や基礎」を意味します。

スポーツの基本は足腰にあるため、まずは足腰を鍛えるような、トレーニングから始めるのがセオリーになります。



「土台」の類語や類義語・言い換え

「土台」の類語や類似を紹介します。

  • 「ベース」【べーす】
  • 「足場」【あしば】

「ベース」【べーす】

「ベース」には「土台」「基礎」という意味があります。

「土台」という言葉をカタカナ語にする時、「ベース」という言葉を使ってみましょう。

「足場」【あしば】

「足場」「足を踏む場所」という意味があります。

「足場を組む」などという使い方をします。

また「物事をする時の立脚地」という意味があります。

「事業を展開する前に、足場を固める」などという使い方をします。

icon まとめ

「土台」という言葉について見てきました。

「建築物の最下部で上の重みを支えるもの」や、「物事の根本や基礎」について話す時、「土台」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。