意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「反響」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「反響」という表現は「ウェブサイトに投稿された記事に対して大きな反響がありました」「反響の大きさは人気がある現れです」などの文章で使われますが、どんな意味を持っているのでしょうか?

「反響」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

反響

Meaning-Book
「反響」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「反響」の意味
  • 「反響」の表現の使い方
  • 「反響」を使った例文と意味を解釈
  • 「反響」の類語や類義語


「反響」の意味

「反響」の意味

「反響」という表現は、「音波が障害物にぶつかって反射することで再び聞こえる物理学的な現象」を意味しています。

その意味から転じて、「反響」の表現には「発表された物事(コンテンツ)・出来事などの影響で起こるさまざまな反応」という意味合いもあります。

  • 「反響」の読み方

「反響」の読み方

「反響」の読み方は、「はんきょう」になります。



「反響」の表現の使い方

「反響」の表現の使い方

「反響」の表現の使い方を紹介します。

「反響」の表現の使い方は、「音波が障害物にぶつかって反射して再び聞こえる現象」を指して使う使い方になります。

例えば、「私の大声が目前の山に反響して、やまびこのようになって綺麗な声で返ってきました」といった文章で使えます。

また「反響」という表現は、「複数の人に発表(公開)したコンテンツ・事柄・出来事の影響によって生じた反応・評価」の意味で使う使い方もあります。

例えば、「このテレビドラマは世間の反響が大きかったので、再放送が決まりました」などの文章で使われます。

「反響」を使った例文と意味を解釈

「反響」を使った例文と意味を解釈

「反響」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「反響」を使った例文1
  • 「反響」を使った例文2

「反響」を使った例文1

「バレーボールをしている大勢の生徒たちの声が、体育館の中で反響していました」

この「反響」を使った例文は、「バレーボールをしている大勢の生徒たちの声が、体育館の壁にぶつかって響いて聞こえていた」の意味で、「反響」の表現を使っています。

「反響」を使った例文2

「若者世代の格差や貧困、無力感を原因とした恋愛離れの記事に対して、非常に大きな反響がありました」

この「反響」を使った例文は、「反響」という表現を、「若者世代の恋愛離れの記事に対して、非常に大きな読者からの反応があった」という意味を持つ文脈で使用しています。



「反響」の類語や類義語

「反響」の類語や類義語

「反響」の類語や類義語を紹介します。

  • 「反応・応答」
  • 「残響・余韻」

「反応・応答」

「反応」とは「ある働きかけ(刺激)に対して起こる物事・人の動き」を意味していて、「応答」というのは「ある物事・呼びかけに対して反応して応えること」を意味しています。

それらの意味合いから、「発表した物事・コンテンツに対して反応があること」を示す「反響」と近い意味を持つ類語(シソーラス)として、「反応・応答」という表現を上げられるのです。

「残響・余韻」

「反響」という表現は、「音波が障害物に衝突して響いて聞こえる残響」「音声が物にぶつかった後に長く響いて聞こえる余韻」の意味合いを持っています。

「残響」「響いている音が残って長く聞こえること」を示していて、「余韻」「後にまで残る音声の響き・後に残る味わいや余情」を意味しています。

この意味から、「残響・余韻」の表現を、「反響」と良く似た類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で説明した「反響」の表現には、「音声(音波)が障害物にぶつかって反射することで再び聞こえる現象」「複数の人(世の中)に発表した事柄・コンテンツ・物事の影響で発生する反応・評価」などの意味があります。

「反響」の類語・類義語として、「反応・応答」「残響・余韻」などがあります。

「反響」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。