意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「反響を呼ぶ」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「反響を呼ぶ」の意味や類語を紹介します。

さらに「反響を呼ぶ」の使い方や、「反響を呼ぶ」を使った例文を紹介して行きます。

反響を呼ぶ

Meaning-Book
「反響を呼ぶ」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「反響を呼ぶ」の意味とは?
  • 「反響を呼ぶ」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「反響を呼ぶ」の言葉の使い方
  • 「反響を呼ぶ」を使った例文と解釈
  • 「反響を呼ぶ」はいい意味?悪い意味?


「反響を呼ぶ」の意味とは?

「反響を呼ぶ」の意味とは?

「反響を呼ぶ」という言葉を知っているでしょうか。

テレビを観たり、ネットニュースなどを見ていると、「反響を呼ぶ」という言葉と触れる事ができるかもしれません。

また自分の発言や、自分の仕事が、実際に「反響を呼ぶ」という経験をした人もいるかもしれません。

一方で、「反響を呼ぶ」という言葉を知らない人、使った事が無い人もいるでしょう。

そこで、「反響を呼ぶ」という言葉の読み方や意味を紹介します。

  • 「反響を呼ぶ」の読み方
  • 「反響を呼ぶ」の意味

「反響を呼ぶ」の読み方

「反響を呼ぶ」は、「はんきょうをよぶ」と読みます。

「反響」「はんきょう」「呼ぶ」「よぶ」と読みます。

「反響」「呼ぶ」も難しい漢字ではありませんので、読み間違える事も少ないでしょう。

これを機会に「反響を呼ぶ」「はんきょうをよぶ」と覚えておきましょう。

「反響を呼ぶ」の意味

「反響を呼ぶ」「反響」にはどのような意味があるでしょうか。

「反響」には、「影響されて跳ね返ってくる動き」という意味があります。

ただ「影響」を与えるだけでなく、リアクションがある場合に「反響」という言葉を使います。

そのため「反響を呼ぶ」という言葉には、「影響されて跳ね返ってくる動きを呼び込む」という意味があります。

例えば歌手の歌声に対して、素晴らしいという声が上がったり、ネット上でバズるなどの現象が起きた時に、「反響を呼ぶ」という表現をします。

また批判の声が上がった場合でも、影響を与えてリアクションがあった事に変わりはないので、「反響を呼ぶ」と言う事ができます。



「反響を呼ぶ」の類語や言い換え・似た言葉

「反響を呼ぶ」の類語や言い換え・似た言葉

続いて「反響を呼ぶ」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「反響を呼ぶ」と横並びになる言葉を知る事で、「反響を呼ぶ」の意味が、より深く理解できるようになるでしょう。

  • 「評判になる」【ひょうばんになる】
  • 「話題になる」【わだいになる】
  • 「人気を呼ぶ」【にんきをよぶ】
  • 「注目される」【ちゅうもくされる】

「評判になる」【ひょうばんになる】

「評判になる」という言葉があります。

「評判になる」には、何かに対して世間の人が批評したり、是非を判定する事や、噂になる事などの意味があります。

また「評判になる」のは、いい意味でも悪い意味でも関係なく、良い評判を得る時は「評判が高い」と言われますし、悪い評判の場合は、「評判を落とす」などと言われてしまいます。

どのような場合でも、人々の噂に上りさえすれば「評判になる」という言葉を使う事ができます。

「話題になる」【わだいになる】

「話題になる」という言葉も、「反響を呼ぶ」と似た意味を持つ言葉です。

「話題になる」には、人の話の種になる、人のトークテーマになるという意味があります。

最近ではSNSやネット上でたくさんの文字が躍り、「話題になっている」という事が一目で分かるようになっています。

「話題になる」事が人気の証という側面もあるため、このようなメディアで取り上げられる事が重要になっています。

「人気を呼ぶ」【にんきをよぶ】

「人気を呼ぶ」という言葉も、「反響を呼ぶ」と同じ種類の言葉です。

「人気」には、「世間が良い感情を持って迎える事」という意味があります。

そのため、「人気を呼ぶ」事ができる人や商品、サービスは、世間から温かい目で見てもらう事ができます。

タレントや歌手などの芸能人は、人気商売と呼ばれ、人から好感を持ってもらう事が重要になります。

そのためどんなに歌が優れていても、笑いのセンスがあっても、好感を持てない人は人気が無くなり、スポイルされていく傾向があります。

「注目される」【ちゅうもくされる】

「注目される」という言葉も、「反響を呼ぶ」の仲間と言える言葉のひとつです。

「注目」には、注意を持って見つめる事、関心を持って見る事などの意味があり、「注目される」事ができれば、世間から関心を持ってもらえたという事になります。

「反響を呼ぶ」の言葉の使い方

「反響を呼ぶ」の言葉の使い方

「反響を呼ぶ」という言葉をどのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

そこで「反響を呼ぶ」という言葉の基本的な使い方を紹介します。

  • 「反響を呼ぶ」は華やかな題材が多い
  • 「反響を呼ぶ」は身近な場面でも使える

「反響を呼ぶ」は華やかな題材が多い

「反響を呼ぶ」という言葉には、「影響されて跳ね返ってくる動きを呼び込む」という意味があり、「影響を与えた上に、リアクションがある状況を呼ぶ」という意味があります。

また「反響を呼ぶ」という言葉を使う時、「反響を呼ぶ」主体になるのは、ほとんどの場合、小説や映画、テレビ番組や歌などの芸能界の出し物や作品や、ニュースに取り上げられるような特別な出来事になります。

「反響を呼ぶ」は身近な場面でも使える

普通過ぎる出来事や商品は、それほど「反響を呼ぶ」事がないという事情もあるでしょう。

そのため、「封切られた映画が、反響を呼ぶ」「ニュースに取り上げられた商品が反響を呼ぶ」などと、ある種、華やかな事柄が主人公となるケースが多いでしょう。

もちろん同じ職場内などの身近な場所でも、「反響を呼ぶ」という言葉は使えます。

例えば会議での発言に対して、大きなリアクションがあり、その事が社内に大きな影響を与えるような事もあるはずです。

また冒険して着てきた服装に、女子社員が声を上げて良いリアクションをしてくれるような出来事もあるかもしれません。

このような些細なケースでも、「反響を呼ぶ」という言葉を使ってみましょう。



「反響を呼ぶ」を使った例文と解釈

「反響を呼ぶ」を使った例文と解釈

「反響を呼ぶ」を使った例文を紹介します。

様々な場面における「反響を呼ぶ」を使った例文を見て、「反響を呼ぶ」という言葉の使い方をチェックしてみましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

テレビや小説、映画などにおける「反響を呼ぶ」を使った例文を紹介します。

「新曲が『反響を呼び』、テレビの主題歌に取り上げられる事になった」「自費出版の絵本が『反響を呼び』、累計100万部を超える大ヒット作になった」「最近発売された小説が『反響を呼び』、映画化される事になった」などです。

小説や映画などが「反響を呼ぶ」場合は、人気作品になりベストセラーなどにつながる傾向があります。

そのために、問題作と言われても、人目について話題に上るような作品作りが必要かもしれません。

例文2

ビジネスシーンにおける「反響を呼ぶ」を使った例文を紹介します。

「最近、我が社の発売した新商品が、女子高校生を中心に『反響を呼んで』いる。

これを商機と見て、CMを流そう」
「私が会議で発言した内容が、社内で『反響を呼んだ』らしい。

廊下を歩いているだけで、たくさんの人に声を掛けられる」
などです。

自分が関わった商品やサービスが、「反響を呼ぶ」と、仕事をする喜びを感じる事ができそうです。

「反響を呼ぶ」はいい意味?悪い意味?

「反響を呼ぶ」はいい意味?悪い意味?

「反響を呼ぶ」は、言い意味でしょうか、悪い意味でしょうか。

リアクションの中には、良いリアクションと悪いリアクションがあります。

例えば、歌の歌詞が「反響を呼ぶ」時には、「最高」という意見もあれば「最低」という意見もあります。

現在の日本では、「炎上商法」という言葉があるように、とにかく話題になる事が、収入につながるという面があります。

また浮気や不倫などで悪い目立ち方をしたとしても、目立たないよりはましという風潮があります。

時代によって違いがあるとは思いますが、現在は「反響を呼ぶ」という事が良い意味で使われる事のほうが多いのではないでしょうか。

icon まとめ

「反響を呼ぶ」の意味や使い方を見てきました。

特に商売をしている人は「反響を呼ぶ」事の大切さを知っていると思います。

初めて「反響を呼ぶ」という言葉の意味を知ったという方は、これを機会に「反響を呼ぶ」方法などを考えてみるのも良さそうです。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。