意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「野生」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「野生」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「野生」という言葉を使った例文や、「野生」の類語を紹介して行きます。

野生

Meaning-Book
「野生」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「野生」とは?意味
  • 「野生」の表現の使い方
  • 「野生」を使った例文や短文など
  • 「野生」の類語や類義語・言い換え


「野生」とは?意味

「野生」には、「動植物が人の管理を受けずに自然に生育すること」という意味があります。

また「野生」「人が教育などを受けられず、自然のままの状態で育つこと」を意味します。

  • 「野生」の読み方

「野生」の読み方

「野生」の読み方は、「やせい」になります。



「野生」の表現の使い方

「野生」の表現の使い方を紹介します。

「野生」は、「動植物が人の管理を受けずに自然に生育すること」を意味します。

例えば、ハイキングの機会などで山道を歩くことがあるかもしれません。

すると時々、自然に山野で育ったイノシシやシカの姿を見ることがあるでしょう。

このような動物を見た時、「野生のイノシシやシカを見た」などと、「野生」という言葉を使って状況を説明できます。

また「野生」「人が教育などを受けられず、自然のままの状態で育つこと」を意味します。

例えば、オオカミの育てられた少女などについての伝説を見た時、その少女は教育を受けられず、自然のままの状態で育ったのだと分かります。

このような少女を、「野生のまま育った少女」などと、「野生」という言葉を使って表現できます。

「野生」を使った例文や短文など

「野生」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「野生」を使った例文1
  • 「野生」を使った例文2

「野生」を使った例文1

「アフリカ旅行中に、何度も『野生』のゾウを見かけた」

この例文は、アフリカ旅行をしている途中で、何度も自然のままに育ったゾウの姿を見たという文章になります。

このように「野生」は、「動植物が人の管理を受けずに自然に生育すること」を意味します。

アフリカのサバンナに行けば、「野生」の動植物をたくさん目にできるでしょう。

「野生」を使った例文2

「彼はまるで『野生』のサルのようだと思った」

この例文は、ある男性が、自然のままに育ったサルのようだと感じたという文章になります。

このように「野生」「人が教育などを受けられず、自然のままの状態で育つこと」を意味します。

その男性は実際に自然のまま育ったわけではなく、比喩的な表現で「野生」と言われています。

それほど、自然のままに育てられたような振る舞いだったのではないでしょうか。



「野生」の類語や類義語・言い換え

「野生」の類語や類似を紹介します。

  • 「ワイルド」【わいるど】
  • 「天然」【てんねん】

「ワイルド」【わいるど】

「ワイルド」「野性的」という意味のある言葉です。

「ワイルドな男性」「ワイルドな仕草」などという使い方をします。

「天然」【てんねん】

「天然」には、「人の手が加わっていない自然のままであること」という意味があります。

「天然の氷で、かき氷を作る」という文章は、「自然のまま、人の手が加わっていない氷で、かき氷を作る」ことを意味します。

「天然ボケ」などという使い方をします。

icon まとめ

「野生」という言葉について見てきました。

動植物が自然に山野で育成することについて話す時、また人が教育などを受けられず、自然のままの状態で育つことについて話す時、「野生」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。