意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「敵意を持つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「敵意を持つ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「敵意を持つ」という言葉を使った例文や、「敵意を持つ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「敵意を持つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「敵意を持つ」とは?意味
  • 「敵意を持つ」の表現の使い方
  • 「敵意を持つ」を使った例文や短文など
  • 「敵意を持つ」の類語や類義語・言い換え


「敵意を持つ」とは?意味

「敵意を持つ」には、「相手を敵対視する気持ちのこと」「相手を敵として憎悪する気持ちのこと」という意味があります。

  • 「敵意を持つ」の読み方

「敵意を持つ」の読み方

「敵意を持つ」の読み方は、「てきいをもつ」になります。



「敵意を持つ」の表現の使い方

「敵意を持つ」の表現の使い方を紹介します。

「敵意を持つ」は、「相手を敵対視する気持ちのこと」「相手を敵として憎悪する気持ちのこと」を意味します。

そこで、誰かに敵対しようとする心を持つ時、また相手を敵として憎む気持ちを持った時などに、「敵意を持つ」という言葉を使ってみましょう。

例えば、今まで友達と思っていた人がいます。

しかしその友達が、自分と同じ異性を好きだと気付いたとします。

このような時、その友達に対して、敵対しようとする心が働くかもしれません。

このような心情を「同じ異性を好きになったと知り、友達に敵意を持つ」などと、「敵意を持つ」を使った文章にできます。

「敵意を持つ」を使った例文や短文など

「敵意を持つ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「敵意を持つ」を使った例文1
  • 「敵意を持つ」を使った例文2

「敵意を持つ」を使った例文1

「親友だが、対戦することになったため、『敵意を持とう』と心掛ける」

この例文は、親友には変わりないが、スポーツの試合などで対戦することになったため、敵対しようとする心を持とうと心掛けるという文章になります。

このように「敵意を持つ」には、「相手を敵対視する気持ちのこと」「相手を敵として憎悪する気持ちのこと」という意味があります。

試合が終わるまでは「敵意を持ち」憎むくらいの方が、強くなれるかもしれません。

「敵意を持つ」を使った例文2

「対戦する打者が、『敵意を持った』表情で、投手をにらみつける」

この例文は野球の試合についての文章になります。

対戦する打者が、まるで投手を敵として憎むくらいの表情をして、にらみつけているという文章になります。

大切な場面では、「敵意を持って」相手をにらむほど、気合が入るかもしれません。



「敵意を持つ」の類語や類義語・言い換え

「敵意を持つ」の類語や類似を紹介します。

  • 「敵対心」【てきたいしん】
  • 「ライバル心」【らいばるしん】

「敵対心」【てきたいしん】

「敵対心」には「相手を敵とみなす心の様子」「相手を敵とみなし、立ち向かう心の様子」という意味があります。

「同業の会社に敵対心を持つ」という文章には、「同業の会社に対して、対抗する気持ちを持つ」ことを意味します。

「敵対心をむき出しにする」などという使い方をします。

「ライバル心」【らいばるしん】

「ライバル心」には「ライバル視しようとする気持ちのこと」という意味があります。

「同級生にライバル心を燃やす」という文章には、「同級生をライバルだと見なして燃える」という意味があります。

「ライバル心の塊」などという使い方をします。

icon まとめ

「敵意を持つ」という言葉について見てきました。

敵対しようとする心や、相手を敵として憎む気持ちについて話す時、「敵意を持つ」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。