意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「敵意」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「敵意」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「敵意」という言葉を使った例文や、「敵意」の類語を紹介して行きます。

敵意

Meaning-Book
「敵意」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「敵意」とは?意味
  • 「敵意」の表現の使い方
  • 「敵意」を使った例文や短文など
  • 「敵意」の類語や類義語・言い換え


「敵意」とは?意味

「敵意」とは?意味

「敵意」には、「ライバル視しようとする心のこと」「相手を敵として憎む不快な感情のこと」という意味があります。

  • 「敵意」の読み方

「敵意」の読み方

「敵意」の読み方は、「てきい」になります。



「敵意」の表現の使い方

「敵意」の表現の使い方

「敵意」の表現の使い方を紹介します。

「敵意」は、「ライバル視しようとする心のこと」「相手を敵として憎む不快な感情のこと」を意味します。

そこで、誰かに敵対しようとする心を持っている人を見た時、相手を敵として憎む気持ちを持っている人を見た時などに、「敵意」という言葉を使ってみましょう。

例えば、道を歩いていて、男性の肩と肩がぶつかるとします。

そこで謝罪の言葉があればいいですが、どちらも相手を睨みつけるとします。

この時、二人の表情には、相手を敵として憎む気持ちが生まれているかもしれません。

このような様子を、「肩がぶつかった男性二人が、敵意を見せて睨みあう」などと、「敵意」という言葉を使って表現できます。

「敵意」を使った例文や短文など

「敵意」を使った例文や短文など

「敵意」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「敵意」を使った例文1
  • 「敵意」を使った例文2

「敵意」を使った例文1

「世の中全体に対して、『敵意』のような思いを抱いている」

この例文は、世の中の全ての人や社会に対して、どことなく敵として憎むような気持ちを持って生きている人についての文章になります。

このように「敵意」には、「敵対しようとする心」「相手を敵として憎む不快な感情のこと」という意味があります。

様々な場面で人とぶつかり、ケンカになってしまうような性格の人は、「敵意」にあふれているかもしれません。

「敵意」を使った例文2

「『敵意』がないことを示すため、笑顔を作る」

この例文は、相手のことを憎んだり、敵として見ていないと分かってもらうため、笑顔を作ったという文章になります。

初対面の時は、緊張してしまうため、表情がこわばり、相手を見る目が固くなってしまいがちです。

笑顔を作って、「敵意」がないことを表現してみましょう。



「敵意」の類語や類義語・言い換え

「敵意」の類語や類義語・言い換え

「敵意」の類語や類似を紹介します。

  • 「反感」【はんかん】
  • 「害意」【がいい】

「反感」【はんかん】

「反感」は、「相手の存在や言動に対して、反発や反感を持たれること」を意味します。

「反感を買う」には、「反抗する気持ちを持たれること」という意味があります。

「反感を招く」などという使い方をします。

「害意」【がいい】

「害意」には「他人を傷つけよう、害を与えようという 邪な考えのこと」という意味があります。

「害意のある人」「他人を傷つけようという気持ちを持った人」を意味します。

「害意を感じる」「害意をむき出しにする」などという使い方をします。

icon まとめ

「敵意」という言葉について見てきました。

敵対しようとする心について、相手を敵として憎む気持ちについて話す時、「敵意」という言葉を使ってみましょう。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。