意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「注目度」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

テレビのニュースやワイドショーなどで「注目度」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「注目度」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「注目度」の意味
  • 「注目度」の表現の使い方
  • 「注目度」を使った例文と意味を解釈
  • 「注目度」の類語や類義語


「注目度」の意味

「注目度」の意味は、「世間からどれ位興味や関心を持たれているかの度合いのこと」です。

何か目立ったことをしたり、芸能人などの人気商売の人は、世間一般の人からどれ位注目されているのかを重視するものです。

その人やものが、大勢の人にどれだけ動向をチェックされているのかという程度を表す言葉です。

  • 「注目度」の読み方
  • 「注目度」を分解して解釈

「注目度」の読み方

「注目度」の読み方は、「ちゅうもくど」になります。

難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「注目度」を分解して解釈

「注目度」「注目+度」で成り立っています。

「注目」とは「注意して見つめること」「関心を持って動向を見守ること」「相手に敬意を払うこと」という意味があります。

「度」「ものごとの程度」「回数」「数量や程度の単位」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「どの程度関心を持って動向を見守っているか」という意味で使われています。



「注目度」の表現の使い方

「注目度」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 単なる世間の評判を表すもの

文法的な使い方

「注目度」は名詞で、程度を表す言葉ですので、文末に使う時には形容詞を伴い「注目度が高い・低い」として使われたり、動詞を伴って「注目度が上がる・下がる」と使われます。

名詞の複合語として「注目度ナンバーワン」と使われることもあります。

単なる世間の評判を表すもの

「注目度」は世間一般の人にどれほど興味を持たれているかを表す言葉ですが、実際にその度合いは目に見えるものではありません。

マスコミで「注目度が高い」と言ってもそれはPRの為であり、本当とは限らないのです。

通常は「トレンドとして売り出したい人や商品をPRする言葉」として使われていると思いましょう。

「注目度」を使った例文と意味を解釈

「注目度」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「注目度」を使った例文1
  • 「注目度」を使った例文2

「注目度」を使った例文1

「現在注目度ナンバーワンのアイドルグループのコンサートに行った」

デビューしたばかりで、他のアイドルよりもダントツで人気とされるグループのコンサートを見てきたことを表しています。

「注目度」を使った例文2

「今回のプレゼンは注目度が高いので失敗できない」

プレゼンの内容が、その業界にとって大きな影響を与える内容であることから、多くの同業者が関心を持っているので失敗できないことを表しています。



「注目度」の類語や類義語

「注目度」の類語や類義語を紹介します。

  • 「脚光を浴びる」【きゃっこうをあびる】
  • 「耳目を集める」【じもくをあつめる】

「脚光を浴びる」【きゃっこうをあびる】

「舞台で活躍して称賛される」「世間の注目の的になること」という2つの意味があります。

「耳目を集める」【じもくをあつめる】

「大勢の人に関心を持たれて注目されたり噂されること」という意味です。

icon まとめ

「注目度」「世間からどれ位興味や関心を持たれているかの度合いのこと」という意味です。

何か大きな行動をして関心を集めている人に対して使いましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。