意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「注目」とは?意味や使い方!例文や解釈

「注目」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「注目」という言葉を使った例文や、「注目」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「注目」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「注目」とは?
  • 「注目」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「注目」を使った例文や短文など
  • 「注目」の反対語
  • 「注目」の英語


「注目」とは?

みなさんは「注目」という言葉を知っているでしょうか。

「最近、注目している芸能人」がいるという人も、いるでしょう。

一方で、「注目」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「注目」という言葉の意味を紹介します。

  • 「注目」の読み方
  • 「注目」の意味

「注目」の読み方

「注目」「ちゅうもく」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「注目」「ちゅうもく」と読みましょう。

「注目」の意味

「注目」という言葉の意味を紹介します。

「注目」には、「注意して良く見ること」という意味があります。

「注目している芸能人」という言葉には、「注意してよく見る芸能人」という意味があり、テレビに映っているとつい目が行ってしまうような芸能人かもしれません。

このように「注目」には、「注意してよく見ること」という意味があります。



「注目」の類語や類似表現や似た言葉

次に「注目」の類語や類似表現を紹介します。

「注目」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「注視」
  • 「目を注ぐ」
  • 「目を配る」
  • 「正視」
  • 「直視」

「注視」

「注視」という言葉には、「じっとみつめること」という意味があります。

「好きな女性を注視する」という時は、「好意を寄せている女性を、じっとみつめる」という意味があります。

「目を注ぐ」

「目を注ぐ」には、「それを注意して見る」「それに注目する」という意味があります。

「愛弟子の仕事ぶりに、目を注ぐ」という言葉には、「愛弟子がどのような仕事ぶりなのか、注目する」という意味があります。

「目を配る」

「目を配る」には、「あちらこちらを、注意して見る」という意味があります。

「新人社員に目を配る」という文章には、新人社員に注意してあちこちを見る、という意味になります。

「正視」

「正視」という言葉には、「正面から見据えること」「まともに見ること」という意味があります。

見るのもつらい災害後などの景色は、正面から見据えることが難しいため、「惨状を正視できない」と言います。

「直視」

「直視」には、「まともに見つめること」という意味があります。

「現実を直視する」という言い回しが良く使われますが、「現実をまともに見つめること」という意味があり、適当にごまかさずに現実に向き合うという意味があります。

「注目」を使った例文や短文など

続いて「注目」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「注目」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「注目」を使った例文1
  • 「注目」を使った例文2

「注目」を使った例文1

「A君は、今年の新入社員の中でも、『注目』の存在だ」

この例文に登場するA君は、新入社員の中で、何かしら目を引く人なのでしょう。

そのため、みんなが注意してよく見たいと思っているようです。

仕事ができる、人柄がいい、変わっているなど、人よりも優秀な能力を持っていたり、目立つ個性を持っている人は、A君のように「注目」されるでしょう。

「注目」を使った例文2

「大人数のアイドルが出演する舞台で、推しメンだけを『注目』する」

この例文のように、アイドルライブなどを見ている時、ずっと推しメンだけを見ている人がいるのではないでしょうか。

舞台上にどれだけたくさんアイドルがいても、自分が好きなアイドルだけは瞬時に見分けられるかもしれません。

このように、好きな物だけに目を向けて、ずっと見ている様子を「注目」という言葉で表現できます。

みなさんも、テレビなどを見ていて、いつのまにか視線が行くタレントがいたり、学校や職場の異性で、つい目が行く人がいるかもしれません。

このような場面でも「注目」という言葉を使ってみましょう。



「注目」の反対語

「注目」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「注目」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「見落とす」
  • 「見損なう」
  • 「見逃す」
  • 「見失う」

「見落とす」

「見落とす」には、「うっかりして、見ないで過ぎてしまう」という意味があります。

例えば文章の校正をしている時に、間違った感じに気付かず、先に進めてしまった時、「間違った感じを見落とす」と表現できます。

「見損なう」

「見損なう」には、「見るべきものを見られない」という意味があります。

見ようと思っていた映画の上映期間が過ぎてしまった時、「映画を見損なう」と表現できます。

「見逃す」

「見逃す」には、「見ていながら気が付かない」という意味があります。

例えば、テレビを見ている時、他のチャンネルの本当に見たい番組に気付かない時、「見たかった番組を見逃す」という意味があります。

「見失う」

「見失う」には、「見ていたものが、他とまぎれたりして分からなくなる」という意味があります。

夢を持ちながら生きている人が、仕事やプライベートで忙しくなり、何が夢か分からなくなる時、「夢を見失う」などと言います。

また、話をしている途中に、いろいろな要素が紛れ込み、何を話しているのか分からなくなることがあるかもしれません。

このような時、「話を見失う」と言います。

「注目」の英語

「注目」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「注目」は英語で、“observation”(オブザベーション)になります。

“observation”には、「観察」「注目」という意味があります。

また「注目」“attention”(アテンション)という英語で表現できます。

“attention”には「注意」「注目」という意味があります。

また「アテンション」というカタカナ語で、一般的に使われている言葉でもあります。

このように「注目」は、“observation”“attention”などと英語で表現できます。

icon まとめ

「注目」という言葉について見てきました。

何かを注意して見る機会がある時、「注目」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。