意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「未経験」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「未経験」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「未経験」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「未経験」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「未経験」の意味
  • 「未経験」の表現の使い方
  • 「未経験」を使った例文と意味を解釈
  • 「未経験」の類語や類義語


「未経験」の意味

「未経験」とはまだ、経験をしていないことを言います。

  • 「未経験」の読み方

「未経験」の読み方

「未経験」の読み方は、「みけいけん」になります。



「未経験」の表現の使い方

「未経験」の表現の使い方を紹介します。

「未経験」とはまだ経験をしていないことという意味になります。

経験とは直接触れたり、見たり、実際にしてみることを言いますので、そのようなことをしていない状態の時に使う言葉です。

「このアルバイトは未経験の人でも大丈夫です」「未経験者でも楽しくできますから安心してください」「未経験なので不安がある」などと使います。

「未経験」を使った例文と意味を解釈

「未経験」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「未経験」を使った例文1
  • 「未経験」を使った例文2

「未経験」を使った例文1

「誰だって、はじめは未経験なのだから大丈夫、仕事は働きながら覚えていけばいい」

ある仕事や仕事内容において、これまでしたことがないということを「未経験」と言います。

アルバイト募集などでは「未経験大歓迎」などと書かれていることもありますが、これは「この仕事をしたことがなくても大丈夫です」という意味であり、より沢山の人が応募しやすい言葉とも言えます。

「未経験」を使った例文2

「現場にいる者からすれば、未経験者より経験者の方が助かるのだが上司はなぜか未経験者ばかり採用する」

仕事において、その仕事をしたことがあることを「経験者」と言います。

そしてしたことがない人は「未経験者」となります。

「経験者」「未経験者」のどちらを望むかは、職場環境、人柄によっても様々です。

教える暇がないほど忙しい職場であれば「経験者」の方が都合がいいでしょうし、あれこれ意見を言われたくないという人であれば「未経験者」の方が教えやすいといったこともあります。



「未経験」の類語や類義語

「未経験」の類語や類義語を紹介します。

  • 「不案内」【ふあんない】
  • 「初心者」【しょしんしゃ】

「不案内」【ふあんない】

「不案内」とは、知識や心得がないことで様子や事情がわからないという意味になります。

「この分野は私はまったく不案内でして、あなたの方がよっぽどご存知でしょう」「不案内の土地だから、夜はあまり動き回らない方がいい」「事情に不案内な者に聞いても仕方ないじゃないか、詳しい者を呼べ」などと使います。

「初心者」【しょしんしゃ】

「初心者」とは習い始めの人のことを言います。

また未熟な者という意味でもあります。

「初心者向けの講習なので、安心して参加できますよ」「私は初心者ですから、よくわからないのです」「スタッフが初心者ばかりで、不安しかない」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「未経験」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。