意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「経験に乏しい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「経験に乏しい」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「経験に乏しい」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「経験に乏しい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「経験に乏しい」とは?
  • 「経験に乏しい」の表現の使い方
  • 「経験に乏しい」を使った例文と意味を解釈
  • 「経験に乏しい」の類語や類義語


「経験に乏しい」とは?

「経験に乏しい」とは経験が足りない、経験が不足している、経験が少ないという意味になります。

  • 「経験に乏しい」の読み方

「経験に乏しい」の読み方

「経験に乏しい」とは「けいけんにとぼしい」と読みます。



「経験に乏しい」の表現の使い方

「経験に乏しい」とは直接触れたり、見たり、実際に行動するといったことが少ない、不足しているといった時に使う言葉です。

例えば恋愛のことを語るという場面において「自分は経験に乏しいですので大したことは言えなくて・・・」という風に使います。

「経験に乏しい」を使った例文と意味を解釈

それでは「経験に乏しい」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「経験に乏しい」を使った例文1
  • 「経験に乏しい」を使った例文2

「経験に乏しい」を使った例文1

「彼は立派な経歴を持っているが、この分野に関しては経験に乏しい」

勉強して知識があったり、優れている人であっても、ある分野においては直接触れていない、見たり、実際にやってみたことがないという時に「経験に乏しい」と言います。

「経験に乏しい」を使った例文2

「経験に乏しい私が、言えることなんて何もないですよ」

人に何かを教えたり、話をするといったことを求められた時に「自分はそれほどのことはない」と謙遜する意味合いで「経験に乏しい」と使います。

これは本当に経験が不足している場合もあれば、謙遜して言っているだけの場合もありますので、その人の状態をよく見極めてどちらの場合なのか判断しましょう。



「経験に乏しい」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「経験に乏しい」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「修行が足りない」【しゅぎょうがたりない】
  • 「キャリア不足」【きゃりあぶそく】

「修行が足りない」【しゅぎょうがたりない】

「修行が足りない」とは学問、芸術、仕事など、励み磨くことが不足しているという意味で使います。

「私はまだまだ修行が足りないと痛感いたしました」「君は、修行が足りないぞ」という風に使います。

また本当は優れている人が謙遜の意味で言う場合もあります。

「キャリア不足」【きゃりあぶそく】

「キャリア不足」とは「経験不足」の意味です。

「彼は優れた人材だが、まだキャリア不足ではないか」「私は、キャリア不足を自覚しています」「彼はキャリア不足なのに、人にダメ出しばかりしているね」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「経験に乏しい」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「経験に乏しい」とは経験が不足している、少ないという意味になります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。