意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「耳目」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「耳目」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「耳目」という言葉を使った例文や、「耳目」の類語を紹介して行きます。

耳目

Meaning-Book
「耳目」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「耳目」とは?意味
  • 「耳目」の表現の使い方
  • 「耳目」を使った例文や短文など
  • 「耳目」の類語や類義語・言い換え


「耳目」とは?意味

「耳目」とは?意味

「耳目」には、「耳と目で、聞くことと見ること」という意味があります。

また「物事が多くの人に関心を持たれ、注目されること」という意味があります。

  • 「耳目」の読み方

「耳目」の読み方

「耳目」の読み方は、「じもく」になります。



「耳目」の表現の使い方

「耳目」の表現の使い方

「耳目」の表現の使い方を紹介します。

「耳目」には、「耳と目で、聞くことと見ること」という意味があります。

例えば、知識量を増やすために、様々な体験をしたいと思う人がいるでしょう。

そのような人は、聞くことと見ることを活発にしたいため、「耳目を広めよう」とするかもしれません。

また「耳目」には、「物事が多くの人に関心を持たれ、注目されること」という意味があります。

例えば、世間を賑わせるようなニュースは、多くの人々の注意を引くことになります。

そのため、「今回のニュースは、世間の耳目を集めている」などと、「耳目」という言葉を使って説明できます。

「耳目」を使った例文や短文など

「耳目」を使った例文や短文など

「耳目」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「耳目」を使った例文1
  • 「耳目」を使った例文2

「耳目」を使った例文1

「レストランで大声で話していたら、レストラン中の人々の『耳目』を集めてしまった」

この例文は、レストランで大きな声で世間話をしていたら、その声がレストラン中の人に聞こえてしまい、多くの人々の注意を引いてしまったという文章になります。

このように「耳目」には、「物事が多くの人に関心を持たれ、注目されること」という意味があります。

話の内容まで伝わらない程度の、小声で話した方がいいかもしれません。

「耳目」を使った例文2

「彼女はとても美しい容姿をしているため、少し立っているだけで、『耳目』が集まる」

この例文の女性は、モデルのように美しい容姿をしているのでしょう。

そのため、どこかに数分間立っているだけで、その周囲の人たちの注目が集まってしまうという意味があります。



「耳目」の類語や類義語・言い換え

「耳目」の類語や類義語・言い換え

「耳目」の類語や類似を紹介します。

  • 「注目」【ちゅうもく】
  • 「注意」【ちゅうい】

「注目」【ちゅうもく】

「注目」には「注意して良く見ること」という意味があります。

「注目を集める」「注目する」などという使い方をします。

「注意」【ちゅうい】

「注意」には「気を付けて悪いことが起こらないよう警戒すること」「危険を避ける為に気を配り、配慮すること」という意味があります。

「注意する」「注意不足」などという使い方をします。

icon まとめ

「耳目」という言葉について見てきました。

耳と目、聞くことと見ることについて話す時、また多くの人々の注意を集める物を見た時などに、「耳目」という言葉を使ってみましょう。




関連語



関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。