意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「打ち切る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「打ち切る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「打ち切る」という言葉を使った例文や、「打ち切る」の類語を紹介して行きます。

打ち切る

Meaning-Book
「打ち切る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「打ち切る」とは?意味
  • 「打ち切る」の表現の使い方
  • 「打ち切る」を使った例文や短文など
  • 「打ち切る」の類語や類義語・言い換え


「打ち切る」とは?意味

「打ち切る」には、「物事を途中でやめにする」という意味があります。

  • 「打ち切る」の読み方

「打ち切る」の読み方

「打ち切る」の読み方は、「うちきる」になります。



「打ち切る」の表現の使い方

「打ち切る」の表現の使い方を紹介します。

「打ち切る」には、「物事を途中でやめにする」という意味があります。

そこで、何かを途中でやめにする行為を見た時に、「打ち切る」という言葉を使ってみましょう。

例えばテレビドラマが10回放送されると決まっていたものの、視聴率が振るわなかったとします。

このまま10話放送するのは難しいと判断した時、ドラマが6話程度で放送をやめにすることがあります。

このような時、「低視聴率のため、ドラマを6話で打ち切る」と、「打ち切る」を使って状況を説明できます。

「打ち切る」を使った例文や短文など

「打ち切る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「打ち切る」を使った例文1
  • 「打ち切る」を使った例文2

「打ち切る」を使った例文1

「子供が就職したため、仕送りを『打ち切る』」

この例文は、学生時代を送る子供のために仕送りをしていた親が、子供の就職を機に、仕送りを途中でやめたという文章になります。

社会人になれば、自分で生活費を稼げるため、仕送りを「打ち切っても」大丈夫でしょう。

このよう「打ち切る」という言葉には、「物事を途中でやめにする」という意味があります。

「打ち切る」を使った例文2

「解決の見込みがないため、交渉を『打ち切る』」

この例文は、ある問題が起こったため、継続して交渉を続けていたものの、解決しそうな見込みが感じられなかったため、交渉を途中でやめたという文章になります。

交渉は互いが譲歩しないとまとまらないため、まるで引かない相手との交渉は、「打ち切る」という選択肢もあるかもしれません。



「打ち切る」の類語や類義語・言い換え

「打ち切る」の類語や類似を紹介します。

  • 「中止」【ちゅうし】
  • 「断絶」【だんぜつ】

「中止」【ちゅうし】

「中止」には「物事を途中でやめること」という意味があります。

「発売中止」には、「発売することを、途中でやめる」という意味があります。

「会議を中止する」「イベントを中止する」などという使い方をします。

「断絶」【だんぜつ】

「断絶」には、「続いてきたもの、受け継がれてきたものが、絶えること」という意味があります。

「家族が断絶する」「伝統が断絶する」などという使い方をします。

icon まとめ

「打ち切る」という言葉について見てきました。

物事を途中でやめにすることについて話す時、「打ち切る」という言葉を使ってみましょう。