意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「打ち切り」の意味とは!類語や言い換え

「打ち切り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「打ち切り」という言葉を使った例文や、「打ち切り」の類語を紹介して行きます。

打ち切り

Meaning-Book
「打ち切り」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「打ち切り」とは?
  • 「打ち切り」を使った例文や短文など
  • 「打ち切り」の類語や類義語・言い換え


「打ち切り」とは?

「打ち切り」という言葉を知っているでしょうか。

視聴率の低迷でドラマが「打ち切り」になった、という話を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「打ち切り」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「打ち切り」という言葉の意味を紹介します。

  • 「打ち切り」の読み方
  • 「打ち切り」の意味

「打ち切り」の読み方

「打ち切り」「うちきり」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「打ち切り」「うちきり」と読みましょう。

「打ち切り」の意味

「打ち切り」という言葉には、「継続的にしている物事を取りやめにする」という意味があります。

例えば視聴率の低迷でドラマが「打ち切り」になるという時は、継続して放送していたドラマ放送を、取りやめにするという意味があります。

視聴率が上がらないため、それ以上放送できない状況になったため、急きょ予定を繰り上げて、他の番組を放送したということになります。

このように「打ち切り」には、「継続的にしている物事を取りやめにする」という意味があります。



「打ち切り」を使った例文や短文など

「打ち切り」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「打ち切り」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「打ち切り」を使った例文1
  • 「打ち切り」を使った例文2

「打ち切り」を使った例文1

「連載漫画が、突然『打ち切り』になり、結末が分からない」

この例文のように、連載漫画が何かしらの理由で、途中で掲載見送りになるケースがあります。

最終回まで連載できなかった場合、複線や謎を回収できなくなるため、読者は本来の結末が分からないまま、漫画を読み終えることになります。

このように、予定外に連載漫画が早く終わる時、「打ち切り」とささやかれます。

「打ち切り」を使った例文2

「予定募集者数に達したため、募集を『打ち切り』にする」

この例文は、バイトの募集などをしていたものの、十分な募集者がいたため、募集期間の途中でありながら、募集を『打ち切った』という文章になります。

人気のバイトなどは、このようなケースがよくあります。

「打ち切り」の類語や類義語・言い換え

次に「打ち切り」の類語や類似表現を紹介します。

「打ち切り」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ストップ」
  • 「中止」【ちゅうし】

「ストップ」

「ストップ」には「止める」「止まる」という意味があります。

「仕事をストップする」などという使い方をします。

「中止」【ちゅうし】

「中止」には、「途中でやめる」という意味があります。

「ライブを中止する」「飲み会を中止する」などという使い方をします。



icon まとめ

「打ち切り」という言葉について見てきました。

継続していた物事を、途中で取りやめにする時、「打ち切り」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。