意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「明言を避ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「明言を避ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「明言を避ける」という言葉を使った例文や、「明言を避ける」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「明言を避ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「明言を避ける」とは?意味
  • 「明言を避ける」の表現の使い方
  • 「明言を避ける」を使った例文や短文など
  • 「明言を避ける」の類語や類義語・言い換え


「明言を避ける」とは?意味

「明言を避ける」には、「都合が悪い事態にならないよう、はっきり言い切らないようにする」という意味があります。

  • 「明言を避ける」の読み方

「明言を避ける」の読み方

「明言を避ける」の読み方は、「めいげんをさける」になります。



「明言を避ける」の表現の使い方

「明言を避ける」の表現の使い方を紹介します。

「明言を避ける」には、「都合が悪い事態にならないよう、はっきり言い切らないようにする」という意味があります。

そのため、自分に不利な状況になったり、悪い事態にならないよう、はっきり言い切るのを避ける様子を見た時に、「明言を避ける」という言葉を使ってみましょう。

例えば、飲み会に参加するかどうか、上司に尋ねられた時、はっきり断ると、上司の機嫌を損ねるかもと考えて、言葉を濁すかもしれません。

このような様子について、「飲み会に参加するか聞かれたが、明言を避けた」などと、「明言を避ける」という言葉を使ってみましょう。

「明言を避ける」を使った例文や短文など

「明言を避ける」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「明言を避ける」を使った例文1
  • 「明言を避ける」を使った例文2

「明言を避ける」を使った例文1

「国会で追及された議員が『明言を避けた』」

この例文は、国会ではっきりした回答を求められた議員が、はっきりと答えると不利になると考えて、言葉を濁した場面になります。

国会のような場では、発言した言葉に重みがあるため、できるだけ「明言を避ける」傾向があります。

「明言を避ける」を使った例文2

「告白された彼女は、返答を迫られたが『明言を避けて』その場を去った」

この例文は、告白された女性が、告白に対する返事を濁して、その場を立ち去ったという場面になります。

このように「明言を避ける」には、悪い事態にならないよう、はっきり言うのを避けるという意味があります。

例えば告白を断る理由を尋ねられた時、「生理的に嫌い」などと答えたら、相手が傷つくなど、悪い事態になるかもしれません。

このような時は「明言を避ける」のが、賢明かもしれません。



「明言を避ける」の類語や類義語・言い換え

「明言を避ける」の類語や類似を紹介します。

  • 「歯切れが悪い」【はぎれがわるい】
  • 「言葉を濁す」【ことばをにごす】

「歯切れが悪い」【はぎれがわるい】

「歯切れが悪い」には、「言いようがはっきりしない様子」という意味があります。

「歯切れの悪い答え」には、「答えがはっきりしない様子」という意味があります。

「言葉を濁す」【ことばをにごす】

「言葉を濁す」には、「はっきりと言わないで、曖昧に言う」という意味があります。

「言葉を濁しながら言い訳を言う」などという使い方をします。

icon まとめ

「明言を避ける」という言葉について見てきました。

都合が悪い事態にならないよう、はっきり言い切ることを避ける様子を見た時、「明言を避ける」という言葉を使ってみましょう。