意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「明言」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「明言」とは、「ある物事について、はっきりと言い切ること」を意味する言葉です。

「明言」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

明言

Meaning-Book
「明言」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「明言」とは?
  • 「明言」の表現の使い方
  • 「明言」を使った例文と意味を解釈
  • 「明言」の類語や類義語


「明言」とは?

「明言」という表現は、「ある物事(命題)について、はっきりと言い切ること」を意味しています。

「明言」というのは、「分かりやすい形ではっきりと言い切ること」「迷いなく内容を明らかにする形で言うこと」を意味している表現なのです。

  • 「明言」の読み方

「明言」の読み方

「明言」の読み方は、「めいげん」になります。



「明言」の表現の使い方

「明言」の表現の使い方は、「ある物事(命題)について、はっきりと言い切るような場合」に使うという使い方になります。

「明言」というのは、「迷うことなく物事をはっきりという時、断言して言う時」に使うことができる表現なのです。

例えば、「校長先生がこの学校にはいじめはないと明言されていたのですが、実際にはいじめが隠蔽されていたようです」などの文章で使えます。

「明言」は漢字表記の順番を逆にして、「言明(げんめい)」という言い方をすることもできます。

「明言」を使った例文と意味を解釈

「明言」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「明言」を使った例文1
  • 「明言」を使った例文2

「明言」を使った例文1

「法廷に立った被告を擁護する証人は、自分の証言は絶対に間違いがない真実なのだということを明言していました」

この「明言」を使った例文は、「法廷に立った被告を擁護する証人は、自分の証言は絶対に間違いがない真実なのだということを、はっきりと言い切っていた」ということを意味しています。

「明言」を使った例文2

「事後的な責任の追及について考慮したのか、担当者は急に明言を避ける態度を見せ始めました」

この「明言」を使った例文は、「後から責任追及される恐れについて考慮したのか、担当者は急にはっきりとした発言(迷いのないはっきりした言い方)を避ける態度を見せ始めた」ということを意味しています。



「明言」の類語や類義語

「明言」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「断言・言い切る」
  • 「大言壮語・言い放つ」

「断言・言い切る」

「明言」の類語・類義語として、「断言・言い切る」があります。

「断言」という表現は、「はっきりと言い切ること」を意味しています。

その意味から、はっきりと物を言うことを意味する「明言」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「断言」を指摘できるのです。

「大言壮語・言い放つ」

「明言」の類語・類義語には、「大言壮語・言い放つ」があります。

「大言壮語」という四字熟語は、「実力以上のことを威勢良く言い放つこと」を意味しています。

その意味合いから、迷いなくはっきりと(きっぱりと)言い放つことを意味する「明言」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「大言壮語・言い放つ」の表現を上げることができるのです。

icon まとめ

「明言」という言葉について解説しましたが、「明言」には「ある物事について、はっきりと言い切ること」などの意味があります。

「明言」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「断言・言い切る」「大言壮語・言い放つ」などがあります。

「明言」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。