意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「異論」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「異論」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「異論」という言葉を使った例文や、「異論」の類語を紹介して行きます。

異論

Meaning-Book
「異論」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「異論」とは?意味
  • 「異論」の表現の使い方
  • 「異論」を使った例文や短文など
  • 「異論」の類語や類義語・言い換え


「異論」とは?意味

「異論」には、「他とは別の意見」という意味があります。

また「反対や不服の意を表面すること」という意味があります。

  • 「異論」の読み方

「異論」の読み方

「異論」の読み方は、「いろん」になります。



「異論」の表現の使い方

「異論」の表現の使い方を紹介します。

「異論」には、「他とは別の意見」という意味があります。

また「反対や不服の意を表面すること」という意味があります。

そのため、誰かと別の意見を言う時、また反対や不服があることを表明する時に、「異論」という言葉を使ってみましょう。

例えば、会議の席で、誰かの意見が間違っていると感じることがあります。

その人に対して、反対の意見があると伝えたい時、「異論があります」などと「異論」を使って発言できます。

「異論」を使った例文や短文など

「異論」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「異論」を使った例文1
  • 「異論」を使った例文2

「異論」を使った例文1

「私の意見に『異論』があるようなら、遠慮せずに話してくれ」

この例文はある人が、自分の意見に反対や不服を唱えるような意見や、まるで別の意見があるなら、遠慮することなく、話して欲しいという意味があります。

立場が上で、周囲の人が自由に意見を言えないような状況の時、この例文のようなセリフを言って、周囲の人を安心させようとします。

「異論」を使った例文2

「このまま『異論』がないようでしたら、会議を閉幕いたします」

この例文は、会議が終わりそうな場面で、司会進行をしている人が話している内容になります。

話し合いの結果、ある答えが出て、その答えに対して別の意見がないようなら、会議を終わりますという宣言になります。

このように「異論」には、「別の意見」「反対や不服の意志」などの意味があります。

ここで「異論」が出てしまうと、会議が振出しに戻り、また長い時間話し合いを続ける必要が出るかもしれません。



「異論」の類語や類義語・言い換え

「異論」の類語や類似を紹介します。

  • 「反論」【はんろん】
  • 「異議」【いぎ】

「反論」【はんろん】

「反論」には、「相手の意見や批判に対して、反対の意見を述べること」という意味があります。

「反論の余地がない」には、「相手の意見や批判に、反対の意見をまるで言えない」という意味があります。

「異議」【いぎ】

「異議」には、「抗議したり反対すること」という意味があります。

また裁判上で、相手の行為に対して不服や反対の意志を表示する時、「異議を唱える」などと「異議」という言葉を使います。

icon まとめ

「異論」という言葉について見てきました。

他とは別の意見がある時、また反対や不服の意を表面する時に、「異論」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。