意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「異論はない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「異論はない」という表現は、議論・話し合いなどで「別の考え・意見はありません」といった意味で使われることが多い表現ですが、「異論はない」の具体的な意味はどのようなものでしょうか?「異論はない」「意味・読み方・使い方・例文・類義語」について、分かりやすく解説します。

異論はない

Meaning-Book
「異論はない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「異論はない」とは?
  • 「異論はない」の表現の使い方
  • 「異論はない」を使った例文と意味を解釈
  • 「異論はない」の類語や類義語


「異論はない」とは?

「異論はない」という表現は、「異なる意見・考え・持論がないこと」「反対する意見・異議・考えがないこと」を意味しています。

「異論はない」というのは、「あなたの提案(主張)に反対するような意見・考え・異議がないこと」を意味する表現なのです。

  • 「異論はない」の読み方

「異論はない」の読み方

「異論はない」の読み方は、「いろんはない」になります。



「異論はない」の表現の使い方

「異論はない」の表現の使い方は、「相手とは違っている意見・考えがない」「相手に反対する別の意見・議論がない」という意志を表明して使うという使い方になります。

例えば、「今回の議題について、みなさんの決定に異論はない(異論はありません)」といった文章で、「異論はない」の表現を使うことができます。

「異論はない」を使った例文と意味を解釈

「異論はない」を使った例文を紹介して、その意味を解釈します。

  • 「異論はない」を使った例文1
  • 「異論はない」を使った例文2

「異論はない」を使った例文1

「異論はないということでしたら、この同意書に署名・捺印をお願い致します」

この「異論はない」を使った例文は、「別の意見や反対する考え(同意できないとする考え)がない」という意味合いで、「異論はない」という表現を使っています。

「異論はない」を使った例文2

「私個人はあなたの事業計画に対する異論はないのですが、いったん持ち帰って上司の判断を聞いて参ります」

この「異論はない」を使った例文は、「異論はない」の表現を「あなたの事業計画に反対する意見・考え・異議はない」という文脈で使用しています。



「異論はない」の類語や類義語

「異論はない」の類語・類義語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「異議なし・異存はない」
  • 「同意する・賛成である」

「異議なし・異存はない」

「異論はない」という表現は、「相手の意見・提案に反対する異議がないこと」「異存がなくて基本的に同意すること」を意味しています。

「異存」という表現は、「異なる意見・考え」「反対の意見・不服な気持ち」を意味しています。

それらの意味から、「異議なし・異存はない」という表現は、「異論はない」の類義語として考えることができます。

「同意する・賛成である」

「異論はない」という表現は、「異なる反論・別の意見がなくて、基本的に相手(その意見)に同意すること、賛成すること」を意味しています。

その意味合いから、「異論はない」と近しい類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「同意する・賛成である」という表現を上げることができるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「異論はない」の表現には、「異なる意見・考え・論がないこと」「反対する意見・異議・考えがないこと」などの意味があります。

「異論はない」の類語・類義語として、「異議なし・異存はない」「同意する・賛成である」などがあります。

「異論はない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。