意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一致団結」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一致団結」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一致団結」という言葉を使った例文や、「一致団結」の類語を紹介して行きます。

一致団結

Meaning-Book
「一致団結」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一致団結」とは?意味
  • 「一致団結」の表現の使い方
  • 「一致団結」を使った例文や短文など
  • 「一致団結」の類語や類義語・言い換え


「一致団結」とは?意味

「一致団結」には、「多くの人が、一つの目的のためにまとまること」という意味があります。

  • 「一致団結」の読み方

「一致団結」の読み方

「一致団結」の読み方は、「いっちだんけつ」になります。



「一致団結」の表現の使い方

「一致団結」の表現の使い方を紹介します。

「一致団結」には、「多くの人が、一つの目的のためにまとまること」という意味があります。

そのため、たくさんの人が一つの目的のため、まとまっている様子を見た時、「一致団結」という言葉を使ってみましょう。

例えば、サークル活動中の学生が、文化祭で模擬店を出すために、それまでよりもまとまる様子を見たことがあるかもしれません。

普段はあまり積極的に活動をしないメンバーも、毎日のように顔を出し、結束力が高まるかもしれません。

このような様子を「文化祭の模擬店を出すのため、サークルメンバーが一致団結する」などと「一致団結」を使った文章にできます。

「一致団結」を使った例文や短文など

「一致団結」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「一致団結」を使った例文1
  • 「一致団結」を使った例文2

「一致団結」を使った例文1

「チーム内が仲たがいせず、『一致団結』しないと、強豪校には勝てない」

この例文は、強豪校と試合をする前に、チームのメンバーが勝つという目的のためにまとまらないと、到底勝てないと話し合っている場面になります。

このように、たくさんの人が、ある目的のためにまとまる様子を「一致団結」と言います。

チーム内のメンバーの心が一つになれば、戦力が何割か増しそうです。

「一致団結」を使った例文2

「大型ショッピングモールができたため、商店街の店主が『一致団結』する」

この例文は、大型ショッピングモールが、商店街の近くにできたため、店主がまとまろうとしている様子を文章にしたものです。

「一致団結」する目的は、商店街を盛り上げて、ショッピングモールができた後も、良い経営状態を続けることでしょう。



「一致団結」の類語や類義語・言い換え

「一致団結」の類語や類似を紹介します。

  • 「結束」【けっそく】
  • 「スクラムを組む」【すくらむをくむ】

「結束」【けっそく】

「結束」には「紐や縄などを結んで束にすること」という意味があります。

また「志を同じくする者が、団結すること」という意味があります。

「仲間が結束して、敵に立ち向かう」などという使い方をします。

「スクラムを組む」【すくらむをくむ】

「スクラムを組む」には、「ラグビーの試合で、スクラムの態勢を作る」という意味と、「力を合わせてことに当たる」という意味があります。

icon まとめ

「一致団結」という言葉について見てきました。

多くの人が、一つの目的のためにまとまっている様子に対して、「一致団結」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。