意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「面識」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「面識」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「面識」という言葉を使った例文や、「面識」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「面識」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「面識」とは?意味
  • 「面識」の表現の使い方
  • 「面識」を使った例文や短文など
  • 「面識」の類語や類義語・言い換え


「面識」とは?意味

「面識」には、「相手とはお互いに顔を知っていること」という意味があります。

また「知り合いであること」という意味もあります。

  • 「面識」の読み方

「面識」の読み方

「面識」の読み方は、「めんしき」になります。



「面識」の表現の使い方

「面識」の表現の使い方を紹介します。

「面識」には、「相手とはお互いに顔を知っていること」「知り合いであること」という意味があります。

そのため、一方的でなく、互いに顔を知っている人、知り合いと呼べるような人に対して「面識」という言葉を使うようにしましょう。

例えば、以前、パーティで見かけただけでなく、挨拶をして互いに顔を知っている場合に、「彼とはパーティで会ったため、面識がある」などと「面識」という言葉を使います。

このように、互いに顔を知っている、知り合いである場合に、「面識」という言葉を使ってみましょう。

「面識」を使った例文や短文など

「面識」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「面識」を使った例文1
  • 「面識」を使った例文2

「面識」を使った例文1

「街中で声を掛けられたが、『面識』があるか分からない」

この例文は、街中で声を掛けられたものの、その人の顔を見ても、会ったことがあるかどうか分からないという文章になります。

顔や名前を覚えられないタイプの人は、一度会ったくらいでは、「面識がある」と感じられないかもしれません。

「面識」を使った例文2

「取引先の会社のパーティに行ったが、『面識』のある人がおらず、立ち尽くすだけだった」

この例文は、取引先が主催したパーティに参加したものの、会場に知り合いや互いに顔を知っている人がいなかったため、立っているだけだったという文章になります。

このように、互いに顔を知っている人を、「面識がある人」と言います。

知り合いが誰もいないパーティは、どうしていいか分からないかもしれません。



「面識」の類語や類義語・言い換え

「面識」の類語や類似を紹介します。

  • 「顔見知り」【かおみしり】
  • 「知り合い」【しりあい】

「顔見知り」【かおみしり】

「顔見知り」には「お互いに顔は見たことがある程度の仲」という意味があります。

「彼は顔見知りだけど、あまり話したことがない」などという使い方をします。

「知り合い」【しりあい】

「知り合い」には、「顔や名前、人柄を互いに相手を知っている人」という意味があります。

「顔見知り」よりも、付き合いがある人に対して、「知り合い」という言葉を使ってみましょう。

「パーティで知り合いに会い、ほっとする」などという使い方をします。

icon まとめ

「面識」という言葉について見てきました。

互いに顔を知っていること、また知り合いであることを説明したい時、「面識」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。