意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「面識を得る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「面識を得る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「面識を得る」という言葉を使った例文や、「面識を得る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「面識を得る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「面識を得る」とは?意味
  • 「面識を得る」の表現の使い方
  • 「面識を得る」を使った例文や短文など
  • 「面識を得る」の類語や類義語・言い換え


「面識を得る」とは?意味

「面識を得る」には、「互いに知り合うこと」「面と向かって会うこと」という意味があります。

  • 「面識を得る」の読み方

「面識を得る」の読み方

「面識を得る」の読み方は、「めんしきをえる」になります。



「面識を得る」の表現の使い方

「面識を得る」の表現の使い方を紹介します。

「面識を得る」は、「互いに知り合うこと」「面と向かって会うこと」を意味します。

そのため、誰かと一方的でなく、互いに知り合う時、面と向かって誰かと会う様子を見た時などに、「面識を得る」という言葉を使ってみましょう。

例えば、大学にはたくさんの生徒がいて、同級生なのに、一度もあったことがない人もいるでしょう。

そこでサークル活動や、学園祭など、何かの機会に互いに知り合った時は、「同級生と学園祭で面識を得た」などと、「面識を得る」という言葉を使ってみましょう。

「面識を得る」を使った例文や短文など

「面識を得る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「面識を得る」を使った例文1
  • 「面識を得る」を使った例文2

「面識を得る」を使った例文1

「大手企業の社長に『面識を得る』ため、知人に仲介を頼む」

この例文は、仕事をしてみたい大手企業の社長と、面子向かって会うため、知人に仲介を頼んだという文章になります。

このように「面識を得る」には、「互いに知り合うこと」「面と向かって会うこと」という意味があります。

一方的に知っている関係ではなく、互いに知り合うためには、様々な人脈を駆使する必要があるかもしれません。

「面識を得る」を使った例文2

「趣味のサークルに入り、たくさんの人と『面識を得た』」

この例文は、趣味のサークル活動を始めた結果、たくさんの人と、互いに知り合いになれたという文章になります。

会社だけの人間関係しかなかった人も、趣味のサークルに入れば、それまであったことがないような人と、「面識を得られる」のではないでしょうか。



「面識を得る」の類語や類義語・言い換え

「面識を得る」の類語や類似を紹介します。

  • 「出会う」【であう】
  • 「体面する」【たいめんする】

「出会う」【であう】

「出会う」には、「人や事件などと、偶然に会う」という意味があります。

「運命の人と出会う」などという使い方をします。

また「出会う」にいは、「ある場所で一緒になる」という意味もあります。

「会社の帰り道で、同僚と出会う」などという使い方をします。

「体面する」【たいめんする】

「体面する」には「顔を合わせて会うこと」という意味があります。

「憧れの芸能人と対面する」という文章は、「憧れている芸能人と、顔を合わせて会うこと」という意味があります。

「体面する日が近づき、緊張する」などという使い方をします。

icon まとめ

「面識を得る」という言葉について見てきました。

互いに知り合うことや、面と向かって会うことについて話す時、「面識を得る」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。