意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「罵られる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「罵られる」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「罵られる」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

罵られる

Meaning-Book
「罵られる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「罵られる」とは?意味
  • 「罵られる」の表現の使い方
  • 「罵られる」を使った例文と意味を解釈
  • 「罵られる」の類語や類義語


「罵られる」とは?意味

「罵られる」とは?意味

「罵られる」というのは「人格や行動などが他人に否定されたり、蔑まされたりすること」という意味を持ち、「中傷される」「そしりを受ける」という意味になります。

「罵る」という表現の未然形に受身、尊敬、自発、可能の助動詞をつけた形であり、「罵る」という表現には「大声で非難する」「口汚く悪口をいう」という意味があります。

  • 「罵られる」の読み方

「罵られる」の読み方

「罵られる」の読み方は、「ののしられる」になります。

特にインターネットが発達した昨今、見ず知らずの人から「罵られた」経験があるという人もいるのではないでしょうか。



「罵られる」の表現の使い方

「罵られる」の表現の使い方

「罵られる」の表現の使い方を紹介します。

「罵られる」というのは「他人に否定されたり蔑まれたりすること」という意味であり、「悪口を言われる」ことや「非難される」ことを指す場合もあります。

例えば、芸能人などはただその芸能人が好きではないという視聴者から「罵られる」こともあります。

特にその芸能人のことをよく知っているというわけではないのにもかかわらず、イメージだけでその芸能人を「罵る」人が存在します。

つまり、そのような芸能人は視聴者から「罵られる」ということになるのです。

「罵られる」を使った例文と意味を解釈

「罵られる」を使った例文と意味を解釈

「罵られる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「罵られる」を使った例文1
  • 「罵られる」を使った例文2

「罵られる」を使った例文1

「彼女は根拠なく視聴者から罵られていましたが、最近はその人気を取り戻しています」

芸能人などは、根拠なく視聴者から「罵られる」ことがあります。

ただドラマの役柄が悪かったり、ちょっとプライベートな様子が見られてしまったなどということで、簡単に「罵られる」ものです。

一般の人であれば何の問題もならないようなことで悪口を言われてしまうこともあると言われており、非常にストレスが溜まる仕事だと考えられます。

「罵られる」を使った例文2

「義母から罵られ、二度と義実家には行きたくありません」

配偶者の家族や親族とのやり取りで苦労している人も多いのではないでしょうか。

特に嫁姑問題になると思いますが、姑から「罵られる」ことで、「二度と遊びに行きたくない」「二度と孫を会わせたくない」などと思われてしまうこともあるかもしれません。

確かに、息子の配偶者となれば複雑な関係になるかもしれませんが、お嫁さんとは健全な関係を築きたいです。



「罵られる」の類語や類義語

「罵られる」の類語や類義語

「罵られる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「中傷される」【ちゅうしょうされる】
  • 「そしりを受ける」【そしりをうける】

「中傷される」【ちゅうしょうされる】

「中傷される」というのは「人格や行動などが他人に指定されたり蔑まされたりすること」という意味を持ちます。

「ネットで誹謗中傷される」などと言います。

「そしりを受ける」【そしりをうける】

「そしりを受ける」という表現にも、「中傷される」と同じく「他人に否定されたり蔑まされたりすること」という意味があります。

ビジネスなどでも人間関係を表すときに「そしりを受ける」と言われることがあります。

icon まとめ

「罵られる」ということがないようにしたいものです。

同時に、他人を「罵らない」ように気をつけましょう。




関連語



関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。