意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思い込み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんの中で、「思い込みが激しい」ということを言われた経験を持っている人がいるかと思います。

この時に使われる「思い込み」という言葉には、どのような忌みがあるのでしょうか?

今回は、この「思い込み」にフォーカスして、言葉の意味や使い方を見ていき理解を深めていくことにしましょう。

Meaning-Book
「思い込み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「思い込み」とは?意味
  • 「思い込み」の表現の使い方
  • 「思い込み」を使った例文と意味を解釈
  • 「思い込み」の類語や類義語


「思い込み」とは?意味

「思い込み」とは、「深く信じこむこと」、または「固く心に決めること」という意味を持つ言葉です。

思い込みをしている人は、1つの考え方に強く執着してしまい、合理的な判断のレベルを超えて、頑なに真実だと信じ込んで正統性を通そうと常識・道徳・前例・固定観念などを根拠にしてしまうことがあります。

  • 「思い込み」の読み方

「思い込み」の読み方

「思い込み」「おもいこみ」という読み方になりますので、きちんと整理しておいてください。



「思い込み」の表現の使い方

「思い込み」とは「強く深く信じ込む」という意味になるので、自分の考えを無理矢理に通したり、人の進言や中学に全く連絡が耳を貸さないような人を指して使うことになります。

「思い込み」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「思い込み」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「思い込み」を使った例文1
  • 「思い込み」を使った例文2

「思い込み」を使った例文1

「お前は思い込みが激しいので、仕事でも、周りの意見を全く連絡が聞き入れないな。だから失敗するんだ」

このようなタイプの人が、あなたの周りにもいないでしょうか? この手のタイプは自分の考えに絶対の自信があるだけに、とても大変な結末を迎えてしまうことがあります。

その考えが正しい方向であればいいのですが、間違った方向だと、後々面倒なことになってしまいます。

「思い込み」を使った例文2

「それは君のあなたの思い込みにすぎないよ。もっと僕らのことを信じて」

これも相手が自分の考えに固執しているあまり、他人に迷惑をかけているようなシチュエーションかもしれません。

特にチームプレイが重視されるような職場環境においては、「思い込み」の激しい人がいると、何かと大変です。



「思い込み」の類語や類義語

「思い込み」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「偏った考え」【かたよったかんがえ】
  • 「先入観」【せんにゅうかん】

「偏った考え」【かたよったかんがえ】

「偏った考え」という言葉が「思い込み」に近い意味の意味を持つ類義語になります。

「ある問題や状況を客観的に見ることを妨げる偏った見方」という意味で使われます。

「先入観」【せんにゅうかん】

「先入観」「思い込み」に近いニュアンスがあります。

「初めに知ったことに基づいて作られた固定的な観念」という意味で、頑な印象を受けます。

icon まとめ

物事を進める時には、自分の信念を貫くことはとても大切なことです。

しかし、その信念が単なる「思い込み」であると、厄介なことになることが少なくありません。

したがって、他人のアドバイスを素直に受け入れる姿勢も必要です。