意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「惨状を呈する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「惨状を呈する」という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は、日常生活の中やビジネスシーンではそんなに使われることはありませんが、特別に珍しい言い回しというわけでもありません。

どちらかというと、新聞やニュース報道で用いられる印象の強い慣用句です。

そこで今回は、「惨状を呈する」について考えていくことにします。

惨状を呈する

Meaning-Book
「惨状を呈する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「惨状を呈する」とは?意味
  • 「惨状を呈する」の表現の使い方
  • 「惨状を呈する」を使った例文と意味を解釈
  • 「惨状を呈する」の類語や類義語


「惨状を呈する」とは?意味

「惨状を呈する」とは?意味

「惨状を呈する」には、「ものの様子や状況が極めてひどいさま」という意味があります。

  • 「惨状を呈する」の読み方

「惨状を呈する」の読み方

「惨状を呈する」「さんじょうをていする」という読み方をしますが、「惨状」は少し難しい言葉なので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。



「惨状を呈する」の表現の使い方

「惨状を呈する」の表現の使い方

「惨状を呈する」「様子や状況が極めてひどいさま」という意味になるので、とても大きな被害が起きた時に、そのことを指して使うことになります。

「惨状を呈する」を使った例文と意味を解釈

「惨状を呈する」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「惨状を呈する」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「惨状を呈する」を使った例文1
  • 「惨状を呈する」を使った例文2

「惨状を呈する」を使った例文1

「今回の地震で、オフィス街はとてもひどく惨状を呈しており、復旧の目処すら立たない状況だ」

「惨状を呈する」となると、このように震災に関わる場面で使われることが多くなります。

地震などの災害が起きた時に、オフィス街も例がいなく大きな打撃を受けることになります。

まずは生命優先ですが、その後の復旧をどうするかも重要な事柄です。

「惨状を呈する」を使った例文2

「突然、車が歩道を乗り上げて、現場は惨状を呈して、混乱が続いている」

最近、ニュースで悲惨な報道が流れていますが、高齢者ドライバーが歩道に突っ込み、痛ましい事故となることが少なくありません。

このような「惨状を呈する」ことにならないように日頃から、車を運転する側も歩く側も注意が必要です。



「惨状を呈する」の類語や類義語

「惨状を呈する」の類語や類義語

「惨状を呈する」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「見るに耐えない」【みるにたえない】
  • 「目も当てられない」【めもあてられない】

「見るに耐えない」【みるにたえない】

「見るに絶えない」という言葉が「惨状を呈する」に近い意味を持つ類義語として挙げることができます。

「直視することができないくらいに悲惨な状況」という意味になります。

「目も当てられない」【めもあてられない】

「目も当てられない」「惨状を呈する」の類義語の1つになりますが、これも「視線を合わせることができないまでに悲惨なこと」という意味で使われます。

icon まとめ

「惨状を呈する」ということ言葉は、普段の環境の中では頻繁に使われる言葉ではないだけに、具体的な活用シーンを見ると、とても心が痛む内容になっています。

日頃からこのようなことがないようにしたいものです。




関連語



関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。