意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「畏怖の対象」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「畏怖の対象」という言葉を聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか?

「畏怖」という言葉も日常生活の中ではあまり使われることが少ないために、全く意味が理解できない人もいることでしょう。

そこで、ここでは「畏怖の対象」について、考えて行きたいと思います。

Meaning-Book
「畏怖の対象」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「畏怖の対象」とは?意味
  • 「畏怖の対象」の表現の使い方
  • 「畏怖の対象」を使った例文と意味を解釈
  • 「畏怖の対象」の類語や類義語


「畏怖の対象」とは?意味

「畏怖の対象」「畏怖」とは、「恐れおののくこと」「そのような気持ち」を意味しています。

そのことから「畏怖の対象」は、「非常に恐ろしく感じてしまう対象となる人や事柄」という解釈ができます。

  • 「畏怖の対象」の読み方

「畏怖の対象」の読み方

「畏怖の対象」「いふのたいしょう」という読み方になりますが、「畏怖」そのものが難しい言葉なので、間違えることがないように、しっかりとチェックしておきましょう。



「畏怖の対象」の表現の使い方

「畏怖の対象」「恐れおののくほどの対象」という意味になりますので、人を指して使う場合は、強烈な個性で人を圧倒させてしまうような人物であったり、物事が対象だと、恐怖のシンボル的な存在を指すことがあります。

何れも人の心の中に、大きな恐怖心を植え付けるものと言えるでしょう。

「畏怖の対象」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「畏怖の対象」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「畏怖の対象」を使った例文1
  • 「畏怖の対象」を使った例文2

「畏怖の対象」を使った例文1

「うちの部長は、畏怖の対象と言える人で、誰も彼に反論できる人がいないのです」

「畏怖の対象」となる人が身近にいると、息をすることさえ、苦しくなりそうです。

特に働く場所に、そのような人がいたなら、毎日が苦痛で堪りません。

この例文の部長も部下を下手に威圧するだけで、建設的なことができない劣悪な職場環境と言えるでしょう。

「畏怖の対象」を使った例文2

「織田信長は、時代の流れに大きく変えた人であるが、畏怖の対象でもあった」

「畏怖の対象」というと、歴史的に有名な織田信長も、その人と言えるでしょう。

彼は戦国時代において、それまでの常識を覆す大きな功績を残してきました。

その一方で、比叡山の焼き討ちや、敵方の子供や女性まで皆殺しにするという恐ろしいことを行ってきました。

家臣からすれば「畏怖の対象」そのものです。

しかし、これもまた新たな時代を作るための礎となっているとも理解できると思います。



「畏怖の対象」の類語や類義語

「畏怖の対象」を他の言葉で、言い換えるとするなら、どのような意味があるのかを見ていくことにします。

  • 「近寄りがたい」【ちかよりがたい】
  • 「相手を寄せ付けない」【あいてをよせつけない】

「近寄りがたい」【ちかよりがたい】

「近寄りがたい」という言葉が「畏怖の対象」の類義語として扱える言葉の1つです。

「人や物が親しみやすい雰囲気でないさま」という意味があり、このような空気を身にまとっている人は、誰からも経験されてしまうことになります。

但し、悪い意味だけではなく、崇高なオーラをまとっている人も「近寄りがたい」では言い表すことがあります。

「相手を寄せ付けない」【あいてをよせつけない】

「相手を寄せ付けない」という表現も類義語になりますが、「取っつきにくい」、あるいは「近づきにくい」という意味になります。

icon まとめ

「畏怖の対象」という言葉は、普段の会話の中では、あまり聞くことが少ない言葉だけに、今回の記事が参考になったのではないかと思います。

もし身近な所にこの言葉がよく当てはまる人がいれば、じっくりと人間観察することで、新たな面を発見することができるかもしれません。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。