意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「超越した存在」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

小説や映画などで「超越した存在」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「超越した存在」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「超越した存在」とは?意味
  • 「超越した存在」の表現の使い方
  • 「超越した存在」を使った例文と意味を解釈
  • 「超越した存在」の類語や類義語


「超越した存在」とは?意味

「超越した存在」には2つの意味があります。

1つ目は「通常の程度を遥かに超えた能力を持っている人やもの」という意味です。

こちらは人の力量を表すこともあれば、動物や自然現象のによるものごとを表すこともあります。

2つ目は「一定の領域を遥かにこえていて、計り知れない人やもの」という意味です。

一般の人には理解できない性質や特徴を持っていて、何があっても不思議ではないと思われる様子を言います。

  • 「超越した存在」の読み方
  • 「超越した存在」を分解して解釈

「超越した存在」の読み方

「超越した存在」の読み方は、「ちょうえつしたそんざい」になります。

「ちょうこしたそんざい」と読み間違わない様にしましょう。

「超越した存在」を分解して解釈

「超越した存在」「超越した+存在」で成り立っています。

「超越」「常識のレベルを遥かにこえていること」「考えられる限界を遥かに超えていること」という意味です。

「存在」「人やものごとがそこにあること」という意味です。

これらの言葉が組み合わさり「常識のレベルや限界を遥かに超えた人やもの」という意味で使われています。



「超越した存在」の表現の使い方

「超越した存在」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 良い意味・悪い意味両方ある

文法的な使い方

「超越した存在」は名詞で、文末に使う時には形容動詞の「超越した存在だ・である」になります。

形容詞として「超越した存在の〇〇」と使うこともあります。

良い意味・悪い意味両方ある

「超越した存在」「一定のレベルを遥かに超えた」という意味で、それが「才能」「技術」とは限りません。

常識的の範囲を遥かに超えた思想や行動力を持っているという意味もあります。

「優れている人」という良い意味だけではなく、「周囲を混乱させる人」という悪い意味もあるのです。

「超越した存在」を使った例文と意味を解釈

「超越した存在」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「超越した存在」を使った例文1
  • 「超越した存在」を使った例文2

「超越した存在」を使った例文1

「彼はPCに関しては超越した存在だ」

PCいじりが大好きで、分解して自分で組み立てたりなど、エンジニアよりも詳しい知識を持っていることを表しています。

「超越した存在」を使った例文2

「織田信長は主君として時代を超越した存在だ」

織田信長は現代でも多くの人が興味を持ったり尊敬している人物であることを表しています。



「超越した存在」の類語や類義語

「超越した存在」の類語や類義語を紹介します。

  • 「類を見ない」【るいをみない】
  • 「神がかり的」【かみがかりてき】

「類を見ない」【るいをみない】

「似ているものや同じ程度のものが他にはないこと」という意味です。

「神がかり的」【かみがかりてき】

「超常現象ではないかと思う程、普通とは違う様子」という意味です。

icon まとめ

「超越した存在」「通常の程度を遥かに超えた能力を持っている人やもの」「一定の領域を遥かにこえていて、計り知れない人やもの」という意味があります。

信じられない程の何かを持っている人やものに対して使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。