意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「超越」とは?意味や類語!例文と解釈

「超越」という表現は、「彼の体力は常人を超越している」「常識を超越した発想で難問を解決する」などの文章で使われますが、「超越」にはどのような意味があるのでしょうか?「超越」という言葉の「意味・使い方・対義語・例文と解釈・類義語」について、分かりやすく解説していきます。

Meaning-Book
「超越」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「超越」とは?
  • 「超越」の表現の使い方
  • 「超越」の対義語
  • 「超越」を使った例文と意味を解釈
  • 「超越」の類語や類義語


「超越」とは?

「超越」という表現は、「常識的に(普通に)考えられる程度をはるかに超えていること」を意味しています。

また「超越」というのは、「ある限界・枠組み(フレームワーク)をはるかに超えていること」「ある物事・世俗からあまりにかけ離れていて、その物事(世俗の事柄)を問題にしないさま」を意味している表現なのです。



「超越」の表現の使い方

「超越」の表現の使い方は、「普通に考えられる程度をはるかに超えているさま」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「彼の腕力は普通の人間を超越しているので、彼が暴れだすと誰も止めることはできないでしょう」といった文章で使うことができます。

また「超越」という表現は、「ある物事(世俗)から大きくかけ離れているために、その世俗の物事を問題(相手)にしない場合」に使うという使い方もあります。

例えば、「私はすでに常識的な価値観を超越しているので、人から何を言われても傷つくことはありません」といった文章で使用することができます。

「超越」の対義語

「超越」の対義語は、「内在(ないざい)」になります。

「超越」という表現は、「ある基準の外部へとはるかに超えてしまっているさま」「意識・理性の限界の外へと超えていること」を意味しています。

その「超越」に対して、「内在」という表現は「ある基準の内部にとどまっているさま」「意識・理性の限界を超えることなくその内側の範疇(はんちゅう)にあること」を意味しているのです。



「超越」を使った例文と意味を解釈

「超越」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「超越」を使った例文1
  • 「超越」を使った例文2

「超越」を使った例文1

「彼女の知性は普通の人を超越していたので、彼女の理想とする世界のビジョンに共感することは困難でした」

この「超越」を使った例文では、「超越」という表現を、「彼女の知能が、一般的な知能の程度をはるかに超えている」といった意味合いで使っているのです。

「超越」を使った例文2

「お金・色恋を基準とする世俗の価値観を超越した彼は、いつしか人前に姿を見せることも無くなっていきました」

この「超越」を使った例文は、「世俗の価値観・基準からかけ離れていて、お金・色恋などの俗なことを問題にしないこと」といった意味を持つ文脈で、「超越」の表現を使用しています。

「超越」の類語や類義語

「超越」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「卓越・傑出」
  • 「非凡・凌駕」

「卓越・傑出」

「卓越」という表現は、「ずば抜けて優れていること」「圧倒的に抜きん出ていること」を意味しています。

「傑出」という言葉は、「特別に目立っていて優れていること」「群を抜いて優秀であるさま」を意味しています。

これらの意味合いから、普通よりもはるかにずば抜けているを意味する「超越」に良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「卓越・傑出」を指摘できます。

「非凡・凌駕」

「非凡」という表現は、「平凡ではないさま」「普通よりもはるかに優れていること」を意味しています。

「凌駕」というのは、「他のものをはるかに超えて、その上に立つこと」を意味している言葉です。

それらの意味から、「非凡・凌駕」という表現を、常識的な普通の程度をはるかに超えていることを意味する「超越」の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「超越」の表現には、「常識的に考えることのできる程度を大きく超えていること」「ある物事からかけ離れた水準にあるため、問題にならないこと」などの意味があります。

「超越」の類語・類義語として、「卓越・傑出」「非凡・凌駕」などがあります。

「超越」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。