意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「空想にふける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「空想にふける」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「空想にふける」という表現について詳しく紹介していきます。

空想にふける

Meaning-Book
「空想にふける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「空想にふける」とは?意味
  • 「空想にふける」の表現の使い方
  • 「空想にふける」を使った例文と意味を解釈
  • 「空想にふける」の類語や類義語


「空想にふける」とは?意味

「空想にふける」というのは「現実には起こり得ないようなことを想像する」「現実逃避する」という意味になります。

「空想」というのは現実にはありえないことや現実とは何ら関係のないことを頭の中だけであれこれと思いめぐらすということであり、「ふける」というのはある1つのことに夢中になるという意味になります。

  • 「空想にふける」の読み方

「空想にふける」の読み方

「空想にふける」の読み方は、「くうそうにふける」になります。

小説を読んだときなどに使われる言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。



「空想にふける」の表現の使い方

「空想にふける」の表現の使い方を紹介します。

「空想にふける」というのは現実にはありえないことなどを頭の中だけであれこれ考えるという意味です。

例えば、誰でも「将来は宇宙飛行士になりたい」「宝くじが当たったらいいのに」などと様々なことを考えますよね。

実際に宇宙飛行士になるかどうか、宝くじが当たったかどうか、などという事は関係なく、「こうだったらいいのに」と考えることもあるかもしれません。

「空が飛べたらいいのに」「水の上を歩けたらこんな感じかな」など、現実にはありえないことを考えるとき、「空想にふける」と表現します。

「空想にふける」を使った例文と意味を解釈

「空想にふける」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「空想にふける」を使った例文1
  • 「空想にふける」を使った例文2

「空想にふける」を使った例文1

「娘はよく空想にふけっています」

小説を読んでいる時など、空想にふける人も多いかもしれませんね。

小説を読んでいる時はその小説の中で起こっていることを空想し登場人物の気持ちを考えながら読んでいくことが多いのではないでしょうか。

想像力が豊かな人ほど、様々な空想にふけることが可能になります。

だからこそ、小説が好きだという人も多いかもしれませんね。

「空想にふける」を使った例文2

「空想にふけってばかりないで勉強しなさい」

子供の中には、空想にふけってばかりで勉強をせず、親からよく怒られるという人もいるかもしれません。

例えば「自分は億万長者になる」「自分は会社の社長になる」と大きな夢を抱える子供もいるのではないでしょうか。

しかし、そのような嘘を現実にするためには、しっかり勉強しなければいけませんね。



「空想にふける」の類語や類義語

「空想にふける」の類語や類義語を紹介します。

  • 「現実逃避」【げんじつとうひ】
  • 「物思いにふける」【ものおもいにふける】

「現実逃避」【げんじつとうひ】

「現実逃避」というのは現実に求められたり、何かしなくてはならないという状態から意図的に周囲や意識をそらすことを指しています。

ストレスが溜まってしまったときなど、「現実逃避」をする人もいるかもしれませんね。

「物思いにふける」【ものおもいにふける】

「物思いにふける」というのは悩み事や心配事等について一緒に考え込む、思いを馳せる、という意味です。

「思いを巡らす」「想像する」などと言われることもあります。

icon まとめ

「空想にふける」という表現は日常的にも使えますので、ぜひ覚えておきましょう。

忙しい現実社会においても、たまには「空想にふける」ことを忘れないようにしたいものです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。