意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「丹精を込める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「丹精を込める」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「丹精を込める」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「丹精を込める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「丹精を込める」とは?
  • 「丹精を込める」の表現の使い方
  • 「丹精を込める」を使った例文と意味を解釈
  • 「丹精を込める」の類語や類義語


「丹精を込める」とは?

「丹精を込める」というのは「物事を真心込めてする」という意味になります。

「情熱を持ってする」「手をかける」「手塩にかける」などという時に使われる表現です。

例えば、介護の仕事をしている人も多い時代となりましたね。

お年寄りのために働くならば、「丹精を込めて」仕事をしたいものです。

また、看護師なども患者に接するときには「丹精を込めたい」ですよね。

  • 「丹精を込める」の読み方

「丹精を込める」の読み方

「丹精を込める」「たんせいをこめる」と読みます。

日常的に使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。

仕事等は「丹精を込める」ことが大切です。



「丹精を込める」の表現の使い方

「丹精を込める」というのは「真心を込めて何かをする、手をかける」という意味になります。

例えば料理をするときには「丹精を込める」という人もいるのではないでしょうか。

自分が食べる食事を作るならば話は別ですが、家族に料理を作る時や親戚に料理を振る舞う時など、「丹精を込めたい」と感じる人もいるかもしれませんね。

「丹精を込める」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「丹精を込める」を使った例文1
  • 「丹精を込める」を使った例文2

「丹精を込める」を使った例文1

「あの看護師さんはいつも丹精を込めて患者の面倒を見ています」

かつて、ナイチンゲールが看護師の仕事を確立したことから、看護師の仕事が見直されるようになりました。

実際に看護師は患者さんのそばで患者さんの心に寄り添い、仕事をしていかなければいけませんね。

入院患者ならば不安になっていることもあるでしょう。

そのような気持ちをしっかりと把握し、治療に当たることが大切です。

そのような時に丹精を込めて仕事をしてくれる看護師さんに出会えたら、とても心強いと思う人もいるのではないでしょうか。

「丹精を込める」を使った例文2

「母はいつも丹精を込めて料理をしています」

誰かに料理を食べてほしいと思うときは、丁寧に料理しますよね。

子供に食べさせる時や親戚に料理を振る舞う時など、いつも以上に気を使うという人も多いのではないでしょうか。

子供ならば栄養がたっぷり含まれた料理を食べさせてあげたいですし、おいしい食材を用意したいですよね。

このように、細かく計画して丁寧に料理すれば、それは丹精を込めた料理ということになります。



「丹精を込める」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「手塩にかける」【てしおにかける】
  • 「手をかける」【てをかける】

「手塩にかける」【てしおにかける】

「手塩にかける」という表現は室町時代から存在した言葉だと言われています。

「自ら面倒を見る」という意味であり、もともとは「膳の不浄を払うために小皿に持って添えたもの」を指していました。

それが味加減を自分で整えるように置かれた使用を指すようになり、そこから自ら面倒を見る、という意味になりました。

「手をかける」【てをかける】

「手をかける」というのは「手数をかける」「手間をかける」、という意味です。

人手を費やす時にも使える表現です。

icon まとめ

「丹精を込める」という表現は日常的にも使えますので覚えておきましょう。

何かをするときには「丹精を込めたい」ですよね。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。