意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「丹精」とは?意味や類語!例文と解釈

「丹精」という表現は「丹精して子供を育てた」「丹精を込めて支援する」といった文章で使われますが、「丹精」という表現には具体的にどのような意味・語源があるのでしょうか。

「丹精」という言葉の「意味・使い方・語源・例文と解釈・類義語」について分かりやすく解説していきます。

Meaning-Book
「丹精」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「丹精」とは?
  • 「丹精」の表現の使い方
  • 「丹精」の語源
  • 「丹精」を使った例文と意味を解釈
  • 「丹精」の類語や類義語


「丹精」とは?

「丹精(たんせい)」という表現は「丹精込めて(たんせいこめて)」の慣用句の形も含めて、「心を込めてしっかりと物事を行うこと」を意味しています。

「丹精」という表現には、「飾り気・偽り(誤魔化し)のない真心や誠意」といった意味合いもあります。

「丹精」の漢字表記は「丹誠」と書かれることもあり、特に「誠実な真心・誠意ある心」の名詞的な意味では「丹誠」の漢字が使われることも多くなります。



「丹精」の表現の使い方

「丹精」の表現の使い方は、「真心を込めて一生懸命に(熱心に・丁寧に)物事を行う場合」に使うという使い方になります。

例えば、「職人さんが丹精して作り上げた工芸品は本当に素晴らしいと思います」といった文章で使用することができます。

また「丹精」という言葉は「嘘(誤魔化し)・飾り気がない真心や誠意」といった意味で、「丹精を込めて」「丹精を尽くす」といった慣用的な表現で使うことができます。

例えば、「丹精を尽くして、愛する彼女のために僕は生きてきたことを誇りに思います」といった文章で使えます。

「丹精」の語源

「丹精」の語源は「古語のたんぜい(丹精・丹誠)」にあるとされますが、「丹精」「丹」という漢字には「丹念」で使われるように「偽りのない真心」という意味合いがあります。

「丹精」「精」という漢字の語源的な意味として、「真実の心・本当の気持ち」という意味があります。

それらの語源の意味から、「丹+精=丹精」「偽り・飾り気がない真心」「嘘偽りのない本当の気持ち」を意味することになったのです。

そこから転じて、「心を込めて一生懸命にする」の意味も生まれました。



「丹精」を使った例文と意味を解釈

「丹精」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「丹精」を使った例文1
  • 「丹精」を使った例文2

「丹精」を使った例文1

「長い年月を掛けて、丹精して育てた植物園の草花の美しさは、何ものにも代えがたい価値があるのです」

この「丹精」を使った例文は、「真心を込めて一生懸命に育てた」という意味合いで、「丹精」の表現を使っています。

「丹精」を使った例文2

「子供時代、母が丹精を込めて作ってくれたお弁当は、どんなに豪華で高級な弁当よりも本当に美味しく感じられたのです」 この「丹精」を使った例文は、「丹精」という表現を、「母親が偽り・飾り気のない温かい真心を込めて作ってくれたお弁当」という意味を持つ文脈で使用しています。

「丹精」の類語や類義語

「丹精」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「熱心・丁寧」
  • 「真心・精魂」

「熱心・丁寧」

「丹精」の類語・類義語として、「熱心・丁寧」があります。

「熱心」という表現は、「心を込めて一生懸命に物事を行うこと・手を抜かずに集中して物事を行うさま」を意味しています。

「丁寧」という表現は、「いい加減さ・荒っぽさがなくて、細かい部分まで十分に気を配っていること」を意味しています。

これらの意味から、真心を込めて丁寧に一生懸命することを意味する「丹精」とほぼ同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「熱心・丁寧」を指摘できます。

「真心・精魂」

「丹精」の類語・類義語として、「真心・精魂」があります。

「丹精」という表現は、「嘘・誤魔化しや飾り気がない真心のこと」を意味しています。

「精魂」という言葉は、「物事に熱心かつ丁寧に打ち込む精神力・たましい」を意味しています。

それらの意味合いから、「真心・精魂」という表現を、偽りがない真心のことを意味する「丹精」と近しい類似の意味を持つ類義語として解釈することができるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「丹精」の表現には、「心を込めてしっかりと物事を行うこと」「飾り気・偽りのない誠実な真心」などの意味があります。

「丹精」の類語・類義語として、「熱心・丁寧」「真心・精魂」などがあります。

「丹精」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。