意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「憶測を呼ぶ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「憶測を呼ぶ」という言葉を色々な場面で耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、日常生活の中だけでなく、仕事をしている環境の中でも使われることがある表現です。

しかし、この言葉の使い方は注意をしないと誤解を招いてしまうような危険性が含まれている場合もありますので、今回はこの「憶測を呼ぶ」について説明していくことにします。

憶測を呼ぶ

Meaning-Book
「憶測を呼ぶ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「憶測を呼ぶ」とは?
  • 「憶測を呼ぶ」の表現の使い方
  • 「憶測を呼ぶ」を使った例文と意味を解釈
  • 「憶測を呼ぶ」の類語や類義語


「憶測を呼ぶ」とは?

「憶測を呼ぶ」にある「憶測」とは、「確かな根拠もなくいいかげんに推測すること」「明確ではない証拠を元にして、物事を推測すること」「不確かな根拠を元に推測すること」という意味があります。

そのことから「憶測を呼ぶ」「明確でないことを元に多くの人々の間でそのような根拠のない推測が広まっている」という意味になります。

  • 「憶測を呼ぶ」の読み方

「憶測を呼ぶ」の読み方

「憶測を呼ぶ」「おくそくをよぶ」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておくようにしましょう。



「憶測を呼ぶ」の表現の使い方

「憶測を呼ぶ」とは「確かな根拠もなくいいかげんば推測が多くの人達の間で広まっていくこと」という意味があるので、不特定多数の人から、「おそらくそんなことなのだろう」と予測されている様子を表す場合に使われることになります。

ある状況下や既に起こっている事象から、その後の状況を推測してしまうような状態も意味していることから、勝手に噂が広まっていくニュアンスがあります。

「憶測を呼ぶ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「憶測を呼ぶ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「憶測を呼ぶ」を使った例文1
  • 「憶測を呼ぶ」を使った例文2

「憶測を呼ぶ」を使った例文1

「今回の事件で、彼の軽はずみな行動が原因となったと憶測が憶測を呼ぶ結果となってしまったのだ」

「憶測を呼ぶ」「憶測が憶測を呼ぶ」という形で表現されることがありますが、この場合は「根拠のない推測が、さらに新たな憶測を呼ぶ」ということになり、その信憑性がますます疑わしくなっていきます。

この例文でも、「彼の行動が原因」という憶測が、さらに変な憶測になっていくのです。

「憶測を呼ぶ」を使った例文2

「職場の人が、2人の関係について憶測を呼んでいます。かなり怪しい関係で、疑いの目で見られています」

職場でただならぬ関係の2人を怪しんで、同僚の人達が見ていることを「憶測を呼ぶ」という形で表現しています。

核心的な証拠がないので、本当にそうなのかということは分からないのですが、疑いが晴れることがありません。



「憶測を呼ぶ」の類語や類義語

「憶測を呼ぶ」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉で言い換えることができるか見ていくことにします。

  • 「憶測が飛び交う」【おくそくがとびかう】
  • 「世間で囁かれる」【せけんでささやかれる】

「憶測が飛び交う」【おくそくがとびかう】

「憶測が飛び交う」という表現も「憶測を呼ぶ」の類義語として扱うことができます。

「憶測が飛び交う」は、「憶測が憶測を呼ぶ」と同じように、「1つの憶測から新たな推測や憶測が発生する」という意味があります。

「世間で囁かれる」【せけんでささやかれる】

「世間で囁かれる」という言葉も「憶測が呼ぶ」の類義語になりますが、「多くの人がそれについて推測するさま」という意味で使われています。

icon まとめ

「憶測を呼ぶ」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、この言葉は根拠のないことが、勝手に噂として広まる印象があり、その使い方には、注意が必要です。

ちょっとした発言が、大きな波紋を呼ぶこともあるので、慎重を要する内容については、神経質になることも必要でしょう。