意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「憶測が飛び交う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「憶測が飛び交う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「憶測が飛び交う」という言葉を使った例文や、「憶測が飛び交う」の類語を紹介して行きます。

憶測が飛び交う

Meaning-Book
「憶測が飛び交う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「憶測が飛び交う」とは?
  • 「憶測が飛び交う」を使った例文や短文など
  • 「憶測が飛び交う」の類語や類義語・言い換え


「憶測が飛び交う」とは?

「憶測が飛び交う」という言葉を知っているでしょうか。

「事件について憶測が飛び交う」という場面を見たことがあるかもしれません。

一方で、「憶測が飛び交う」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「憶測が飛び交う」という言葉の意味を紹介します。

  • 「憶測が飛び交う」の読み方
  • 「憶測が飛び交う」の意味

「憶測が飛び交う」の読み方

「憶測が飛び交う」「おくそくがとびかう」と読みます。

「憶測」「おくそく」「飛び交う」「とびかう」と読みます。

これを機会に、「憶測が飛び交う」「おくそくがとびかう」と読みましょう。

「憶測が飛び交う」の意味

「憶測が飛び交う」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「憶測が飛び交う」「憶測」には、「確かな根拠もなく、いい加減に推測すること」という意味があります。

また「飛び交う」という言葉には、「入り乱れて飛ぶこと」という意味があります。

そのため、「憶測が飛び交う」という言葉には、「確かな根拠もない、いい加減な推測が、入り乱れて飛ぶ」という意味があります。



「憶測が飛び交う」を使った例文や短文など

続いて「憶測が飛び交う」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「憶測が飛び交う」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「憶測が飛び交う」を使った例文1
  • 「憶測が飛び交う」を使った例文2

「憶測が飛び交う」を使った例文1

「事件について、『憶測が飛び交う』」

この例文は、社会を賑わすような注目の事件について、確かな根拠もない、いい加減な推測が入り乱れて飛んでいるという意味があります。

ワイドショーを見ても、ネットニュースを見ても、本当に根拠があると思えないような情報が入り乱れている様子を、「憶測が飛び交う」と表現できます。

「憶測が飛び交う」を使った例文2

「急に転校した生徒について、『憶測が飛び交う』」

この例文のように、生徒の事前の挨拶なしに、急に転校してしまう生徒がいます。

例えば夏休みを開けたら、転校していたことを知るような場合です。

このような時、なぜ転校したのかについて、根拠のない噂が入り乱れるため、「憶測が飛び交うかもしれません。

「憶測が飛び交う」の類語や類義語・言い換え

「憶測が飛び交う」の類語や類似表現を紹介します。

「憶測が飛び交う」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「風説が流れる」【ふうせつがながれる】
  • 「デマが流れる」【でまがながれる】

「風説が流れる」【ふうせつがながれる】

「風説が流れる」には「真偽が不明な話が、世間を駆け巡る」という意味があります。

都市伝説のような不思議な話が日本中を駆け巡る時、「風説が流れている」と言えるでしょう。

「デマが流れる」【でまがながれる】

「デマが流れる」には「事実に反する噂が、世間を駆け巡る」という意味があります。

「芸能人が結婚するというデマが流れる」などという使い方をします。



icon まとめ

「憶測が飛び交う」という言葉について見てきました。

根拠もない推測が入り乱れる様子を見た時、「憶測が飛び交う」という言葉を使ってみましょう。