意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「独占」とは?意味や使い方!例文や解釈

「独占」という表現は、「他人に渡したり貸したりせずに自分だけのものにする」という意味のニュアンスがある表現ですが、実際にはどのような意味や使い方を持っているのでしょうか?

「独占」という言葉の「意味・使い方・独占を使った言葉・例文・反対語・類義語」などについて解説します。

独占

Meaning-Book
「独占」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「独占」とは?
  • 「独占」の表現の使い方
  • 「独占」を使った言葉と意味を解釈
  • 「独占」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「独占」の反対語
  • 「独占」の類語や類義語・言い換え
  • 「独占」の英語と解釈


「独占」とは?

「独占」という表現は、「他人に分けずに、自分だけのものにすること」「ある物・人・利益などを独り占めすること」を意味しています。

また「独占」という言葉は、「大資本・大企業が他の競争相手を排除して、市場の生産・利益などを独り占めしている状態」も意味しています。

  • 「独占」の読み方

「独占」の読み方

「独占」の読み方は、「どくせん」になります。



「独占」の表現の使い方

「独占」の表現の使い方は、「自分一人だけのものにする場合」「大資本・大企業が市場の流通・利益を独り占めする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「彼らはいつも公共施設の休憩場を独占していました」といった文章で使用することができます。

「独占」を使った言葉と意味を解釈

「独占」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「独占する」【どくせんする】
  • 「独占欲」【どくせんよく】
  • 「業務独占資格」【ぎょうむどくせんしかく】

「独占する」【どくせんする】

「独占する」という表現は、「ある物・人・権利・利益などを、他に分け与えずに自分一人だけのものにすること」「独り占めすること」を意味しています。

例えば、「タバコ・塩などを販売する権利を独占することによって、政府は莫大な税収を得てきました」といった文章で使われます。

「独占欲」【どくせんよく】

「独占欲」という言葉は、「ある物を他に分けずに、自分だけのものにしたいという欲求」「ある人物(異性)を他に渡さずに、自分だけのもの(恋人・配偶者など)にしたいという欲求」を意味しています。

他とその物・相手を奪い合う独占欲は、時に「争い・苦悩の原因」にもなります。

例えば、「恋愛における独占欲の異常な高まりは、自分だけでなく相手も不幸にしてしまうことがあります」といった文章で使用することができます。

「業務独占資格」【ぎょうむどくせんしかく】

「業務独占資格」という表現は、「その業務・仕事を独占することを法律・公的制度で認められている資格」「医師・歯科医・弁護士・会計士などのようにその国家資格を持っていないとその業務を行うことが許されていない資格」を意味しています。

例えば、「業務独占資格を持っていると、競合が減るので仕事や収入が安定しやすくなります」といった文章で使われます。



「独占」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「独占」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「独占」を使った例文1
  • 「独占」を使った例文2

「独占」を使った例文1

「片思いの好きな女性ができて思いつめてしまうと、どうしてもその女性のことを独占したいと思うようになってしまいます」

この「独占」を使った例文では、「独占」という表現を、「好きな女性を他の男性に渡さずに、自分だけのものにしたいという欲求」の意味で使っているのです。

「独占」を使った例文2

「少数の資本・会社が市場を独占することの弊害として、価格競争が起こらず高い商品価格が放置されることがあります」

この「独占」を使った例文は、「少数の資本・会社が市場の供給や利益を独り占めする」という意味合いで、「独占」の表現を使用しています。

「独占」の反対語

「独占」の反対語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「共有」【きょうゆう】

「共有」【きょうゆう】

「独占」の反対語として、「共有」があります。

「共有」という表現は、「独り占めせずに、他者と一緒にそのものを保有すること」「他者と分かち合うような形で所有すること」を意味しています。

その意味合いから、他者に渡さずに自分だけのものにすることを意味する「独占」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「共有」の表現を上げることができます。

「独占」の類語や類義語・言い換え

「独占」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「独り占め・丸取り」
  • 「専有・専売」
  • 「モノポリー・市場支配」

「独り占め・丸取り」

「独占」という表現は、「他者を排除して自分だけのものにすること・独り占めすること」「市場の供給・利益を他に分けずに自分だけで丸取りすること」を意味しています。

「丸取り」という表現は、「丸ごとすべての物や利益を取ってしまうさま」を意味しています。

それらの意味合いから、「独占」という表現は、「独り占め・丸取り」という表現で言い換えることが可能なのです。

「専有・専売」

「専有」という表現は、「他者を排除して、自分だけが独占的に所有・管理しているさま」を意味しています。

「専売」という表現は、「他の売り手(商品供給者)を排除して、自分だけがその商品を売る権利・資格を持っていること」を意味しています。

それらの意味から、他者を排除して自分だけで市場の供給・利益を独り占めすることを意味する「独占」に近しい意味を持つ類語として、「専有・専売」を上げることができます。

「モノポリー・市場支配」

「モノポリー」という英語の表現は、「少数の売り手が市場を独占して支配していること」「市場・実体経済が大資本・大企業による独占状態にあること」を意味しています。

その意味合いから、「モノポリー・市場支配」という表現を、市場の生産能力・利益を独り占めすることを意味する「独占」の類義語(シソーラス)として解釈できます。

「独占」の英語と解釈

「独占」という表現を英語で書き表すと、以下のようになります。

“monopolize”(独占する・独り占めする)

“monopoly”(独り占め・寡占・独占)



“keep(have)~to oneself”(~を自分だけのものにする・~を独り占めする) “exclusive, exclusive possession”(独占的な・自分だけの・独占的所有)

“That company monopolized precious metals market.”

「独占」を使ったこの英語の例文は、「あの会社が、貴金属の市場を独占しました」ということを意味しています。

icon まとめ

この記事で解説した「独占」の表現には、「他者に分けずに、自分一人だけのものにすること」「特定の大資本・大企業が他の競争者を排除して、生産能力・市場・価格設定を支配している状態」などの意味があります。

「独占」の類語・類義語として、「独り占め・丸取り」「専有・専売」「モノポリー・市場支配」などがあります。

「独占」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。