意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特段の配慮」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「特段の配慮」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「特段の配慮」という言葉の理解を深めていきましょう。

特段の配慮

Meaning-Book
「特段の配慮」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「特段の配慮」とは?
  • 「特段の配慮」の表現の使い方
  • 「特段の配慮」を使った例文と意味を解釈
  • 「特段の配慮」の類語や類義語


「特段の配慮」とは?

「特段の配慮」とは特別、格別の心配り、気を使うことを言います。

  • 「特段の配慮」の読み方

「特段の配慮」の読み方

「特段の配慮」と書いて「とくだんのはいりょ」と読みます。



「特段の配慮」の表現の使い方

「特段の配慮」とは、通常の心配り程度ではなく、もっと特別に気を配るという意味で使う言葉となります。

「特段の配慮」を使った例文と意味を解釈

それでは「特段の配慮」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「特段の配慮」を使った例文1
  • 「特段の配慮」を使った例文2

「特段の配慮」を使った例文1

「もう今は一般人になったので、特段の配慮はいらないということです」

芸能人、有名人などはいわゆる一般人とは違う待遇を受けることがあるでしょう。

そのような待遇のことを「特段の配慮」という言葉で言い表します。

「特段の配慮」を使った例文2

「ここまでの特段の配慮をしていただき、何とお礼を言えばいいのかわかりません」

特別に気を使ってもらう、心配りをしてもらうことを「特段の配慮」と言い表します。

例文は、特別扱いをしてもらったお礼、感謝の気持ちを込めているのです。



「特段の配慮」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「特段の配慮」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「最上級の待遇」【さいじょうきゅうのたいぐう】
  • 「優遇措置」【ゆうぐうそち】
  • 「厚遇」【こうぐう】
  • 「優待」【ゆうたい】

「最上級の待遇」【さいじょうきゅうのたいぐう】

「最上級の待遇」とはVIP待遇のことで、最重要人物、例えば政府要人、国賓、皇族といった特別な扱いを必要とする人達が受けるであろう待遇のことを言います。

「最上級の待遇をしていただいたと感謝している」「最上級の待遇を受ける」などと使います。

「優遇措置」【ゆうぐうそち】

「優遇措置」とは手厚く、大切に、上手く事を計らうこと、そのように始末することを言います。

「彼女は優遇措置を受けられるわ」「優遇措置は一切ない」などと使います。

「厚遇」【こうぐう】

「厚遇」とは手厚くもてなすことを言います。

「これ以上ないというほどの厚遇を受けました」「大事なお客として厚遇されている」などと使います。

「優待」【ゆうたい】

「優待」とは手厚くもてなすこと、他よりも大切に扱うことを言います。

「友達から、優待券をもらった」「私はよくあの店で買うので、優待セールに招待されるようになった」「従業員優待があるので、少しだけ安く買えるのよ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「特段の配慮」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。