意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特段」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは日頃の会話の中で、「特段」という言葉を取り入れて話をしていることがあるかと思います。

しかし、日常生活にしろ、仕事の中でのコミュニケーションであっても、さりげなくさらりと話していることから、あまり言葉の意味を意識することもないかもしれません。

そこで今回、この「特段」について考えていくことにします。

特段

Meaning-Book
「特段」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「特段」とは?
  • 「特段」の表現の使い方
  • 「特段」を使った例文と意味を解釈
  • 「特段」の類語や類義語


「特段」とは?

「特段」とは「特別」「格段」というような意味を持って言葉です。

このことから、さりげなく使われあまり意識することが少ないかもしれません。

  • 「特段」の読み方

「特段」の読み方

「特段」の読み方は、「とくだん」となりますが、難しい発音ではないので、確認する程度の押さえ方でいいでしょう。



「特段」の表現の使い方

「特段」「特別に」という意味がありますので、何か強く意識しなくてはならないことを強調するために、使われることになります。

「特段」を使った例文と意味を解釈

では、「特段」を使った例文を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることしましょう。

  • 「特段」を使った例文1
  • 「特段」を使った例文2

「特段」を使った例文1

「今回のイベントは、経済界から多くのVIPが参加する予定なので、特段の配慮が必要だ」

経済界のVIPが出席するイベントならば、かなり用意周到な準備が必要ですが、それだけでなく警備やセキュリティー面も万全を期さなければなりません。

それが、この時の「特段」の配慮となるでしょう。

万が一のことがないように関係者は、すごく必死になっていることでしょう。

「特段」を使った例文2

「このようなことは日常茶飯事の出来事なので、特段の問題はない」

ここで言っていることがどのようなことか分かりませんが、「日常茶飯事的にあることので、特別に注意することは必要ない」ということを言っています。

しかし、それでも本当に問題がないのか、油断は禁物と思われます。



「特段」の類語や類義語

「特段」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことします。

  • 「思ったほど」【おもったほど】
  • 「これといった」

「思ったほど」【おもったほど】

「思ったほど」「特段」の類義語として使うことができます。

「物事の性質や程度が、事前に考えたほどではない」ということを意味している言葉です。

「あいつはかなり頭が良くて仕事をハイレベルな成果を出せると期待されていたが、思ったほどのことではないな」というような使い方になります。

「これといった」

「これといった」という言葉もありますが、「特別ではない」ということを示しています。

icon まとめ

「特段」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、改めてその活用シーンを眺めてみると、意味の深い言葉であることが分かります。

ただ何となく言葉の流れの中で使っている人は、この言葉の重みや重要性を正しく理解して使いこなせるようにしてください。

そうすることで、言葉の伝わり方をグンと重みを増していくことになります。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。