意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「確実」とは?意味や使い方!例文や解釈

「確実」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「確実」という言葉を使った例文や、「確実」の類語を紹介して行きます。

確実

Meaning-Book
「確実」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「確実」とは?
  • 「確実」の英語と解釈
  • 「確実」の表現の使い方
  • 「確実」を使った例文や短文など
  • 「確実」の類語や類義語・言い換え
  • 「確実」の反対語


「確実」とは?

「確実」という言葉を知っているでしょうか。

「確実な方法」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「確実」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「確実」という言葉の意味を紹介します。

  • 「確実」の読み方
  • 「確実」の意味

「確実」の読み方

「確実」「かくじつ」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「確実」「かくじつ」と読みましょう。

「確実」の意味

「確実」という言葉の意味を紹介します。

「確実」には、「確かで、はっきりと間違いがないこと」という意味があります。

「確実な方法」には、「はっきりしていて間違いない方法」という意味があります。

その方法なら決して失敗しないような間違いない方法を「確実な方法」と言います。

このように、「確実」という言葉には、「確かで、はっきりと間違いがないこと」という意味があります。



「確実」の英語と解釈

次に「確実」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「確実」は英語で、“certain”になります。

“certain”には、「特定の」「確実」という意味があります。

また“sure”には「確か」「確実」という意味があります。

このように「確実」という言葉を英語にしたい時は、“certain”“sure”という英語を使ってみましょう。

「確実」の表現の使い方

「確実」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「確実」には、はっきりしていて間違いないことという意味があるため、そのように感じる時に使ってみましょう。

例えばスポーツの試合を見ている時に、どちらのチーム、選手が勝つのがはっきりして間違いないと思った時、「Aが確実に勝つ」などと言います。

また、仕事が納期に間に合うことが、はっきりして間違いないと感じた時、「納期には確実に間に合う」と言います。

このように、はっきりして間違いないと感じた時に、「確実」という言葉を使ってみましょう。



「確実」を使った例文や短文など

続いて「確実」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「確実」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「確実」を使った例文1
  • 「確実」を使った例文2

「確実」を使った例文1

「試合の勝利を『確実』にするために追加点を取る」

この例文は野球の試合で選手と監督が話している内容になります。

例えば、終盤に入り3点リードしている場合、満塁ホームランを打たれたら、逆転負けしてしまいます。

しかし、あと2点追加点を取れば、満塁ホームランを打たれても逆転されない、かなり勝利がはっきりとした間違えない状況になります。

そのため、勝利を「確実」にするために、追加点を取ろうと話しています。

「確実」を使った例文2

「企画を『確実』に通すため、様々な人に根回しをする」

ビジネスシーンでも「確実」という言葉を使うことがあります。

この例文のように、様々な人に会って企画についての説明をし、承諾を得て置けば、プレゼンなどで企画の実行が承認されやすいでしょう。

このように、企画や提案が通る状況を、はっきりと間違いないようにする時、「確実にする」などと言います。

「確実」の類語や類義語・言い換え

続いて「確実」の類語や類似表現を紹介します。

「確実」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「確か」【たしか】
  • 「正確」【せいかく】
  • 「明確」【めいかく】
  • 「的確」【てきかく】

「確か」【たしか】

「確か」という言葉には、「間違いないと確認できること」という意味があります。

「確かに承りました」という時は、承知したことがはっきりしていて、間違いがないという意味があります。

「確かに君の言うとおりだ」という時は、あなたの言うことははっきりしていて、間違いないという意味になります。

「正確」【せいかく】

「正確」という言葉には、「事実と合っていて、正しく確実なこと」という意味があります。

「正確な仕事」には「正しく確実な仕事」という意味があります。

「正確な形」「正確な時刻」などという使い方をします。

「明確」【めいかく】

「明確」という言葉には、「はっきりそうだと分かっていて、間違いがない」という意味があります。

「明確な答え」には「明らかで間違いない、確かな答え」という意味があります。

「明確な言葉」「明確な指示」などと言います。

「的確」【てきかく】

「的確」という言葉には、「的を外左図、確かなこと」という意味があります。

「的確な指摘」は、的を外れない確かな指摘という意味があります。

「的確な仕事」などという使い方をします。

「確実」の反対語

最後に「確実」の反対語を紹介します。

「確実」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「不確か」【ふたしか】
  • 「不確実」【ふかくじつ】
  • 「不正確」【ふせいかく】

「不確か」【ふたしか】

「不確か」という言葉には、「不明で確かでない様子」という意味があります。

「不確かな記憶」という言葉には、「確かでない記憶」という意味があり、記憶があてにならないという意味になります。

「不確実」【ふかくじつ】

「不確実」という言葉には、「はっきりとせず、確かでないこと」という意味があります。

「不確実な調査」には、確かでない調査という意味があり、調査結果もあてにならないでしょう。

「不確実な報道」「不確実な予定」などと言います。

「不正確」【ふせいかく】

「不正確」には「大まかで正確でない」という意味があります。

「気味の言い分は不正確だ」という時は、あなたが言っている内容は、正確でないという意味があります。

icon まとめ

「確実」という言葉について見てきました。

物事がはっきりして間違いないと感じた時、「確実」という言葉を使ってみましょう。