意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「柔軟」とは?意味や使い方!例文や解釈

「柔軟」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「柔軟」という言葉の理解を深めていきましょう。

柔軟

Meaning-Book
「柔軟」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「柔軟」とは?
  • 「柔軟」の表現の使い方
  • 「柔軟」を使った言葉と意味を解釈
  • 「柔軟」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「柔軟」の反対語
  • 「柔軟」の類語や類義語・言い換え
  • 「柔軟」の英語と解釈


「柔軟」とは?

「柔軟」とは柔らかく、しなやかなさまを言います。

また考え方に融通性があることを言います。

  • 「柔軟」の読み方

「柔軟」の読み方

「柔軟」とは「じゅうなん」と読みます。



「柔軟」の表現の使い方

「柔軟」とは柔らかく、しなやかなことを言います。

「柔軟な体で羨ましい」などと使います。

また考え方、融通性があるという意味で使う場合は「柔軟な考え方をする」「柔軟に対処して欲しい」などと使います。

「柔軟」を使った言葉と意味を解釈

「柔軟」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「柔軟仕上げ」
  • 「柔軟体操」
  • 「柔軟な考え方」

「柔軟仕上げ」

「柔軟仕上げ」とは界面活性剤、油剤などを使って、洗濯後の衣類、タオルなどの手ざわりを柔らかくすることで、各社から様々な「柔軟剤」が出ています。

しかし香りが強すぎて不快といった問題もありそれはスメルハラスメントとも言われています。

「柔軟仕上げ」をしたい場合でもあまり香りが強い「柔軟剤」を使用するのは職場や人が大勢集まる時には避けた方がいい場合もあります。

「柔軟体操」

「柔軟体操」とは体を柔らかくする目的で行う体操のことを言います。

例えば最近では脚を180度開脚することがちょっとした話題になりました。

股関節を「柔軟」にする為の開脚ストレッチは「柔軟体操」ということで解釈できるでしょう。

「毎日、柔軟体操を欠かさないようにしている」「柔軟体操をしたら180度開脚も夢じゃないね」などと使います。

「柔軟な考え方」

「柔軟な考え方」とは、考え方が偏りがない、様々な価値観を受け入れることができる、融通性があるといったことを言うでしょう。

「もっと柔軟な考え方ができないのかしら」「年をとって、柔軟な考え方ができなくなっているのかもしれないな」「柔軟な対応だったので助かったよ」などと使います。



「柔軟」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「柔軟」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「柔軟」を使った例文1
  • 「柔軟」を使った例文2

「柔軟」を使った例文1

「あの人はもともと頭が固くて、柔軟性がないからね」

考え方に融通性がある、その時々の事情に応じて変化することができるといったことを「柔軟性」と言います。

頭が固いとされる人はこの「柔軟性」に欠けているのです。

ですから他のやり方は受け付けないといったことになります。

「柔軟」を使った例文2

「従来のやり方は大事だけど、これからは柔軟に対応していくことも必要である」

「柔軟な対応」とは融通性があり、相手、状況に応じて物事に当たることを言います。

仕事でも個人的なことでも「柔軟な対応」ができる人の方が求められることは多いでしょう。

「柔軟」の反対語

「柔軟」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「強硬」【きょうこう】
  • 「確固たる」【かっこたる】

「強硬」【きょうこう】

「強硬」とは意志が強く、簡単に妥協、屈服はしないことを言います。

「町内会の役員たちは強硬に反対してくるだろう」「強硬な意見だが、もう少し穏やかに話し合えないかな」などと使います。

「確固たる」【かっこたる】

「確固たる」とはしっかりしている、簡単には動かされないさまを言います。

「あなたには確固たる信念がないのですか」「私は確固たる決意をしました」などと使います。

「柔軟」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「柔軟」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「融通性」【ゆうずうせい】
  • 「フレキシブル」
  • 「しなやか」
  • 「たおやか」
  • 「弾力的」【だんりょくてき】

「融通性」【ゆうずうせい】

「融通性」とはその場に応じて、適切な対応、処理をする能力のことを言います。

「彼は真面目だが融通性がないなあ」「彼女は融通性があるから、お願いしてみたら何とかなるかもよ」などと使います。

「フレキシブル」

「フレキシブル」とは物がしなやかである、精神、性格が「柔軟」で順応性があることを言います。

また制度、組織が融通がきくことも「フレキシブル」と言います。

「フレキシブルに対応してくれる」「フレキシブルタイム」「もっとフレキシブルに考えてみよう」という風に使います。

「しなやか」

「しなやか」とは柔軟で弾力に富んでいる、動作、態度に角ばったところがなく優美であることを言います。

「しなやかな指」「しなやかな歩き方」「しなやかな物腰」という風に使います。

「たおやか」

「たおやか」「たお」とは「たわむ」からきています。

姿や形、動作などがしなやかである、やさしいという意味で使います。

「たおやかな舞にすっかり見とれてしまった」「たおやかな女性」などと使います。

「弾力的」【だんりょくてき】

「弾力的」とは状況に応じて「柔軟」に対応することを言います。

「決まりを弾力的に運用する」「弾力的だけど、あまりやり過ぎると秩序がなくなりそうね」などと使います。

「柔軟」の英語と解釈

柔軟 meaning in english

「柔軟」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“flexible”“supple”という単語を使います。

例文は“a flexible mind”(柔軟な精神)、“have a supple body”(柔軟な体をしている)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「柔軟」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。