意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「痛手」とは?意味や類語!例文と解釈

「痛手」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「痛手」という言葉を使った例文や、「痛手」の類語を紹介して行きます。

痛手

Meaning-Book
「痛手」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「痛手」とは?
  • 「痛手」の英語と解釈
  • 「痛手」の表現の使い方
  • 「痛手」を使った例文や短文など
  • 「痛手」の類語や類義語・言い換え


「痛手」とは?

「痛手」という言葉を知っているでしょうか。

「彼が転職するのは、痛手だ」などと言ったことがあるかもしれません。

一方で、「痛手」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「痛手」という言葉の意味を紹介します。

  • 「痛手」の読み方
  • 「痛手」の意味

「痛手」の読み方

「痛手」「いたで」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「痛手」「いたで」と読みましょう。

「痛手」の意味

「痛手」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「痛手」には、「重い傷」「重傷」という意味があります。

また「大きな被害や損害」という意味があります。

同じ職場の同僚が転職する時、「痛手だ」というのは、その同僚が抜けた穴が大きく、職場の大きな損失になるためかもしれません。

このように、「痛手」という言葉には、「重い傷」「重傷」「大きな被害や損害」という意味があります。



「痛手」の英語と解釈

痛手 meaning in english

「痛手」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「痛手」は英語で、“serious wound”になります。

“serious wound”という英語には「痛手」「重傷」という意味があります。

このように「痛手」を英語にしたい時は、“serious wound”を使ってみましょう。

「痛手」の表現の使い方

「痛手」はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「痛手」には重い傷、大きい被害や損害という意味があるため、そのような傷を負った様子を見た時などに使ってみましょう。

例えば、大雨が降り農作物がダメになった時、損害が大きいと考えられます。

そのため「農家にとって痛手」と言えるでしょう。

このように、重い傷を負ったり、大きな被害に遭った状況に対して、「痛手」を使ってみましょう。



「痛手」を使った例文や短文など

「痛手」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「痛手」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「痛手」を使った例文1
  • 「痛手」を使った例文2

「痛手」を使った例文1

「主力選手が怪我を負うのは、チームの『痛手』だ」

この例文は、スポーツチームの主力選手が怪我をして、プレーできなくなることは、チームにとって大損害だという意味があります。

このように、大きな損害や被害が出た時などに、「痛手」という言葉を使ってみましょう。

「痛手」を使った例文2

「失恋の『痛手』を旅行に行き回復させる」

この例文のように、失恋すると心に傷を負うことがあります。

その傷は「失恋の痛手」という言い回しで表現され、傷心旅行により、回復させるケースが少なくありません。

女性の皆さんは、この例文のような経験をした事があるかもしれません。

「痛手」の類語や類義語・言い換え

「痛手」の類語や類似表現を紹介します。

「痛手」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「傷」【きず】
  • 「打撃」【だげき】

「傷」【きず】

「傷」には「怪我」「傷つく」と井意味があります。

「傷を負う」には、怪我をするという意味があります。

「打撃」【だげき】

「打撃」には「物を激しく打つこと」「思いがけず、心の痛手や物の損害を与えること」という意味があります。

「彼女の悪口が、彼に打撃を与える」という時、何気ない一言が男性の心に痛手を与えるという意味があります。

icon まとめ

「痛手」という言葉について見てきました。

重い傷を負った様子を見た時、大きい被害や損害、大きな打撃を食らった時、「痛手」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。