意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「儚い人生」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「儚い人生」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「儚い人生」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

儚い人生

Meaning-Book
「儚い人生」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「儚い人生」とは?
  • 「儚い人生」の表現の使い方
  • 「儚い人生」を使った例文と意味を解釈
  • 「儚い人生」の類語や類義語


「儚い人生」とは?

「儚い人生」とは?

「儚い人生」というのは消えてなくなりやすい人生、もろくて長続きしない人生、という意味になります。

「儚い」という表現には消えてなくなりやすい、もろくて長続きしない、あるいは不確かであてにならない、実現の可能性が乏しい、などという意味があります。

例えば「儚い命」「儚い恋」などとも言われますね。

生きていると時間は長く感じられるかもしれませんが、病気などになるとあっという間にその命がなくなってしまうことがありますよね。

そのような場合に「人生は儚い」と言われます。

  • 「儚い人生」の読み方

「儚い人生」の読み方

「儚い人生」「はかないじんせい」と読みます。

日常的に使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「儚い人生」の表現の使い方

「儚い人生」の表現の使い方

「儚い人生」という表現はお年寄りの発言なので聞くかもしれませんね。

例えば病気になった時、お年寄りが「人生は儚いから」などということもあります。

人間の体は強いものですし、辛いことがあったりすると人生は永遠に続くように感じてしまうかもしれません。

しかし、人間は病気などになってしまうとあっという間に弱くなってしまうことがあり、命が脅かされてしまうこともあります。

あっという間に命の危険にさらされてしまった、あっという間に死んでしまった、などという時に「儚い人生」と表現します。

「儚い人生」を使った例文と意味を解釈

「儚い人生」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「儚い人生」を使った例文1
  • 「儚い人生」を使った例文2

「儚い人生」を使った例文1

「亡くなる前、祖母は儚い人生だったとつぶやいていました」 自分の命がもうすぐなくなるかもしれないと感じた時、人生は非常にはかないものだ、儚い人生だったと感じる人もいるようです。

長生きしてきた人であったとしても、いざ自分の命が危険にさらされている、もしかしたらこれ以上生きられないかもしれない、などと感じたときに「儚い人生だった」と感じるのかもしれませんね。

「儚い人生」を使った例文2

「儚い人生を大切に生きなければいけません」 人生は80年ほどあるように感じますが、それでも人間はいつ死ぬかわかりません。

病気になるかもしれませんし、交通事故に遭って怪我をする可能性もあります。

人生は大切に生きなければいけません。

だれでもそれなりに長生きはしたいものですが、だからといって長生きできるとも限りませんので、その日を大切に、今の時間を尊重することが重要です。



「儚い人生」の類語や類義語

「儚い人生」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「盛者必衰」【じょうしゃひっすい】
  • 「諸行無常」【しょぎょうむじょう】

「盛者必衰」【じょうしゃひっすい】

「盛者必衰」は平家物語でよく聞かれる表現であり、勢いの盛んな者もついには衰え、滅びる、という意味になります。

盛んになっても必ず衰える、という意味です。

「諸行無常」【しょぎょうむじょう】

「諸行無常」というのは仏教用語であり、この世に実在する存在はすべて本質も姿も常に流動変化するものであり、一瞬であっても同一性を保持する事は無い、という意味になります。

「諸行」は因縁によって起こる現象を指しており、「無常」は常に変化しているという意味です。

icon まとめ

「儚い人生」を大切に過ごしたいものですね。

その時その時を大切に、感謝しながら生きていきたいものです。




関連語



関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。