意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「たった今」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「たった今」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「たった今」という言葉を使った例文や、「たった今」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「たった今」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「たった今」とは?
  • 「たった今」を使った例文や短文など
  • 「たった今」の類語や類義語・言い換え


「たった今」とは?

「たった今」という言葉を知っているでしょうか。

「たった今、家を出た」などと、待ち合わせをしている友達が言うのを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「たった今」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「たった今」という言葉の意味を紹介します。

  • 「たった今」の読み方
  • 「たった今」の意味

「たった今」の読み方

「たった今」「たったいま」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「たった今」「たったいま」と読みましょう。

「たった今」の意味

「たった今」という言葉の意味を紹介します。

「たった今」には、「現在に限りなく近い過去」という意味があります。

「たった今、家を出た」という時は、現在に限りなく近い過去、ほんの少し前に家を出たという意味になります。

「たった今」「今しがたが」「ほんの少し前」という意味があります。

このように「たった今」という言葉には、「現在に限りなく近い過去」「今しがた」「ほんの少し前」という意味があります。



「たった今」を使った例文や短文など

次に「たった今」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「たった今」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「たった今」を使った例文1
  • 「たった今」を使った例文2

「たった今」を使った例文1

「『たった今』起きたので、朝食を食べる気にならない」

この例文のように、起き抜けで食事を食べる気にならない人は多いでしょう。

このように、ほんの少し前に起きたという時、「たった今起きた」と表現します。

本当に、今だと言いたい時、「たった今」という言葉を使ってみましょう。

「たった今」を使った例文2

「出前が遅れているため電話をすると『たった今、出ました』と言われた」

この例文のような会話を、出前先としたことがあるかもしれません。

出前が遅れた時、まだ出てませんと言い訳するケースはほとんどなく、「たった今、出ました」などというのが定番です。

ほんの少し前に出前に行きましたという意味があります。

「たった今」の類語や類義語・言い換え

「たった今」の類語や類似表現を紹介します。

「たった今」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「少し前」【すこしまえ】
  • 「即刻」【そっこく】

「少し前」【すこしまえ】

「少し前」には「さほど遠くない過去」という意味があります。

今よりも少しだけ過去に起きた出来事などを語る時、「少し前」と言います。

「即刻」【そっこく】

「即刻」には「すぐその時」「即時」という意味があります。

「即刻、判断を下す」という時は、今すぐに判断を下したという意味になります。



icon まとめ

「たった今」という言葉について見てきました。

ほんの今しがた、少し前と言いたい時に、「たった今」という言葉を使ってみましょう。