意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「支配欲」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「支配欲」とは、「人や地域を従えて自分の思い通りにコントロールしたいという欲求」を意味する言葉です。

「支配欲」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

支配欲

Meaning-Book
「支配欲」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「支配欲」とは?
  • 「支配欲」の表現の使い方
  • 「支配欲」を使った例文と意味を解釈
  • 「支配欲」の類語や類義語


「支配欲」とは?

「支配欲」という表現は、「人・地域・物事を自分の思い通りにコントロールしたいという欲求」を意味しています。

「支配欲」というのは「人・土地・物事を支配したいという欲求」であり、「人・地域・物事を自分の勢力や権限(影響力)の下において服従させたいという欲求」を意味しているのです。

  • 「支配欲」の読み方

「支配欲」の読み方

「支配欲」の読み方は、「しはいよく」になります。



「支配欲」の表現の使い方

「支配欲」の表現の使い方は、「人・地域を従えて自分の思い通りにコントロールしたい欲求がある場合」に使うという使い方になります。

例えば、「わがままな支配欲ばかりが強くなりすぎると、人間関係や仕事のトラブルが多くなります」といった文章で使用することができます。

「支配欲」を使った例文と意味を解釈

「支配欲」を使った例文を紹介して、その意味を解釈します。

  • 「支配欲」を使った例文1
  • 「支配欲」を使った例文2

「支配欲」を使った例文1

「彼の支配欲が強すぎて毎日の生活が息苦しいので、私は彼と別れることを決めました」

この「支配欲」を使った例文は、「彼の相手を独占して思い通りに動かしたいという欲求が強すぎて毎日の生活が息苦しいので、私は彼と別れることを決めた」を意味しています。

「支配欲」を使った例文2

「某国において独裁者として君臨するその人物は、人や物に対する支配欲の塊(かたまり)のような男でした」

この「支配欲」を使った例文は、「某国において独裁者として君臨するその人物は、人間・地域・物事を自分の思い通りにコントロールしたい欲求の塊のような男だった」ということを意味しています。



「支配欲」の類語や類義語

「支配欲」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「コントロール欲求・征服欲」
  • 「独占欲」

「コントロール欲求・征服欲」

「支配欲」という表現は、「相手や地域を自分の思いのままにコントロール(操作)したい欲求」「土地・地域・物事・相手などを征服して勢力下において治めたい欲求」を意味しています。

それらの意味合いから、「支配欲」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「コントロール欲求・征服欲」を上げることができます。

「独占欲」

「独占欲」という表現は、「ある人・物を自分のものだけにしたいという欲求」「排他的に自分のものとして所有(支配)したい欲求」を意味しています。

その意味合いから、人や地域を従えて思い通りに動かしたい欲求を意味する「支配欲」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「独占欲」という表現を指摘できるのです。

icon まとめ

「支配欲」という言葉について解説しましたが、「支配欲」には「人や地域を従えて自分の思い通りにコントロールしたいという欲求」などの意味があります。

「支配欲」の類語(シソーラス)・類義語としては、「コントロール欲求・征服欲」「独占欲」などがあります。

「支配欲」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。